• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

裏づけのない維新なんてありえない

歴史に学んで変化の風を読む(1)

2012年9月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いろいろなメディアで「維新」とか「乱世」といった文字を見ることがあります。その度に思うんですが、例えば明治維新の最中、志士たちは決して「維新」なんて旗印は掲げてないわけですよね。看板先行はご愛嬌として、果たしてどれくらい中身があるのか、それだけがもっぱら問われると思いますが、どんなものなのかな・・・と思わざるを得ません。

 「明治維新」という言葉も、また今日私たちがその事実経過として知らされる歴史も、言ってみれば終わった後に記され、整理されたストーリーであって、実際にはそんなにきれいな経緯だけで歴史が動いたわけではない。

 「勝てば官軍」とか「錦の御旗」なんて、いまもそのとおりの意味で使われるとおり、勝者の歴史として記されたものが、私たちが本で読む大半で、現実の幕末―新政府草創期の動乱は、よしあしとは別に、もっとダイレクトな力と力のぶつかり合いで、そこで圧倒的な差をつけて白黒がついたとき、人はあとからそれを「歴史が動いた」なんていう。

 でも、その後からの絵図をもとに、別の演出など試みても、そんなことでは歴史なぞ、決して動くことはない。

 むろん、兆候、というのはあります。例えば幕末期、十二分に飽和してどうしようもなくなっていた社会には「ええじゃないか」など鬱屈する無定形のパワーが爆発する現象などもあった。でもそれだけでは本当に社会が動くということにはならない。

 明治の「ご一新」は

『ざんぎりあたまを叩いてみれば 文明開化の音がする』

なんていわれるように、圧倒的な「欧化」という背景が存在した。もっといえば、その力が敵を相手にもしないほどのパワーでなぎ倒すことで統治のレジームが変わった。そういうダイナミズムをきちんと見てゆかねばならん、と思うわけです。

一つのプロトタイプ:古代政変

 例えば「大化の改新」として教えられるクーデターがありますよね。

 これ、典型的な勝者の歴史として書かれていると思うわけです。勝ったほうは中大兄皇子とか大海人皇子とかいわれる人たち、負けたほうは蘇我「蝦夷」とか、いまや正確な名前すら伝わっていない。

 でもこれ、その実は内紛以外の何者でもありません。ここでぶつかり合った「力と力」の実質的な背景とはなんだったのか?

 詳細はおくとして、アウトラインを考えれば、それは隋唐、そして朝鮮半島からもたらされる先端的な文物、生産技術そしてなにより軍事の(文字通りの)「力」を背景としていた。間違いのないところだと思います。

コメント0

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長