• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

まともに相手にしてはいけない中国の主張

歴史に学んで変化の風を読む(2)

2012年10月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 報道を目にして、これじゃダメだなぁ、いかんなぁ、と思うことがあります。

 尖閣諸島を巡っての日本と中国、おのおの政府関係者の「舌戦」とりわけ日本側のそれに、思うことが多いですね。

 先に結論を言ってしまうなら、相手にしちゃだめな種類の話で、本当は中国サイドでも、かつての日中国交正常化の折の周恩来のように、わかっている人はわかっているレベルの内容があるはずです。

 が、よく言えば生真面目、悪く言えば、ケンカの仕方を知らない学級委員のマジメ君のごとく、半グレ不良がつけてくるイチャモンに、いちいち丁寧に答えているような印象が強い。

 そんなの、相手にしてもラチがあかないし、むしろ事情を良く知らない第三者が、ヘタに相手になってやっていることで、同列のレベルと誤解されるほうが、遥かにマイナスが多いと思うのです。

常套手段としてのいちゃもん

 長い人類の歴史を振り返るなら、ありとあらゆる時代、ありとあらゆる国家が隣国と侵略・征服を巡る緊張関係を持ち続けてきました。

 そこではまた、おきまりのようにして、事実無根のいちゃもんの応酬が繰り返されてきた。とくにその一つ一つに目くじらを立てたり、一つ一つの言葉尻を捉えてうそつきだ、なんちゃら国家だ(たとえば「ならずもの国家」とか)などというようなお話ではなく、ごくごく普通にあることだと思うのが、大人の分別でしょう。

 例えばどこかの町で建設土木の工事を始めたとしましょう。これにともなって騒音がうるさい、とクレームをつけにくる人がいて不思議ではない。またその中には、地元住民と称して、実際は住民でもない人が営利目的で文句を言ってくる、クレーマーだって混ざっていないとは限らない。

 こういうとき、あいての見定めが大事だと思うのです。

 本当に工事が騒音を発生しており、それで近隣住民がシビアな被害を受けているのなら・・・適切に対策をとる必要があるでしょう。

 ぎゃくに、そうではなく、工事がある、とみると「近くの者だけれど・・・」などと言ってやってきて(よくよく話すと「近くのものの代理だけど・・・」だったりもしたりするようですが)、音がうるさい、振動で眠れないetc、実情とかけ離れた内容で、いきなり金品を要求するようなケースだって、実はないわけではない・・・

 そういう手合いが来たときには、それ相応に大人の対処をしなければ、おかしなことになってしまうでしょう。ここで言う大人の対処というのは、そういうクレーマーに黙って封筒をお渡ししてお立ち退きいただきましょう、というようなことではなく、きっちりケジメをつけて、変なアジを占めさせることなく、ニセモノはニセモノとして断固とした姿勢を貫くべきだ、というつもりです。

コメント15

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長