• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「友達1000人じゃないとダメ?」 SNS活用が助長するシューカツ狂騒曲

FB上の演技を“強要”するオトナの勝手と自分を見失う学生の悲劇

2012年10月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ついにこういう時代になってしまったのか……。

 先日、新聞の記事を見て、何とも言葉にしがたい複雑な気分になった。その記事とは、日本経済新聞が10月10日付の朝刊で「楽天、就活専用SNS開設 企業から優れた発言の学生に応募促すメール」という見出しで報じたもの。以下はその抜粋である。

 「楽天は就職活動中の学生らが議論を交わす就活用の交流サイト(SNS)を15日に開設する。参加者は実名で意見を投稿、企業の採用担当者は議論の様子を見て、発言内容が優れた学生に応募を促すメールを送れる仕組み。学生が訪問するOBを探したり、企業が目当ての学生を見つけたりする際にSNSを使うケースが増えているが就活専用のSNSは珍しい。
 対象は就活生のほか、内定者、社会人、企業など。参加者は氏名や学歴、写真などプロフィルを公開し『インターンシップ』などの話題や業界、業種別に自由に意見を投稿する。
 発言の積極性、内容など参加者の行動を楽天が分析。それをもとに企業は欲しい人材に直接メールを送る。エントリーシートなどにくらべ、討論では本人の実力や性格が表れやすく『企業の採用効率を向上できる』(楽天)という。」

就活対策セミナーが挙げた根拠なき3つのポイント

 思い起こせば今年の初め、テレビの朝の情報番組において採用活動で学生の素顔を知る手段としてSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用する企業が増えているという特集が放送され、ネットで話題になっていた。

 その番組では、企業のそうした動きを逆手に取ったビジネスとして、「企業から好印象を持たれるためのフェイスブック就活対策セミナー」なるものを紹介していた。

 で、そのセミナーの内容が、「何じゃ、こりゃ?」というもので。一体この基準はどこから出てきたのかと首をかしげてしまった。

 そのセミナーでは企業に好印象を持たれるためのポイントとして、次の3つを挙げていた。

(1)プロフィルアイコンは笑顔でアップの写真を使う
(2)友達は50人以上フォローする
(3)週に2回以上前向きな書き込みをする

 う~む。こんなことで、印象の評価が分かれてしまうのか?

 それに、これって、のぞき見されることを前提としたもので、何だか気味が悪い。「どこに住んでるの?」と聞くだけでも、個人情報うんぬんでタブー視される世の中だというのに、SNSでは、“のぞき見オーケー”で、学生たちはそこでも「採用したい!」と思わせるスキルを持たなきゃ生き残れないということなのだろうか。

コメント62件コメント/レビュー

SNSのサービスが熟成してくるにつれて色々なことが起こるようになったと思います。個人的にはSNSは一切やらない主義なので、学生だったら採用されないかもしれないですね。芸能人の方とかはよくブログやツイッターの発言が「炎上」するようなことがありますが、SNSを使用した発言が「公」にでているという意識が乏しい気がします。通勤電車など「公」と「私」の空間の区別がつかない人が大勢いますが、そんな感覚でSNSを利用しているのでしょうね。この場合は、自分が被害にあうだけですが。自分がやらない理由は「個人情報の垂れ流し」としか思えない状況になっているからです。ちょっと悪意があれば、あっと言う間にさらし者になるような世の中になってしまいました。そんなツールを採用の判断に用いるのってどうなのかな?という気がしますね。これがすべての判断基準ではないのでしょうけど。(2012/10/22)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「友達1000人じゃないとダメ?」 SNS活用が助長するシューカツ狂騒曲」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

SNSのサービスが熟成してくるにつれて色々なことが起こるようになったと思います。個人的にはSNSは一切やらない主義なので、学生だったら採用されないかもしれないですね。芸能人の方とかはよくブログやツイッターの発言が「炎上」するようなことがありますが、SNSを使用した発言が「公」にでているという意識が乏しい気がします。通勤電車など「公」と「私」の空間の区別がつかない人が大勢いますが、そんな感覚でSNSを利用しているのでしょうね。この場合は、自分が被害にあうだけですが。自分がやらない理由は「個人情報の垂れ流し」としか思えない状況になっているからです。ちょっと悪意があれば、あっと言う間にさらし者になるような世の中になってしまいました。そんなツールを採用の判断に用いるのってどうなのかな?という気がしますね。これがすべての判断基準ではないのでしょうけど。(2012/10/22)

これが、数年前に言われたウェブ2.0(笑)のなれの果てなんですね。関連の業界ならまだしも、学生ほどSNSに慣れていない普通の大人達が、本気でSNSで学生を(マイナス以外で)評価するとは思えないのだが。学生が自分たちで作り出した虚像に勝手に振り回されて、勝手に疲弊しているように思えるのだが。(2012/10/22)

SNSを楽しいものにしたのは若者たち。それを苦しいものにしたのも若者たち。「若者にストレスを与えるな」って言われても、ストレスフルなメディアにしてしまったのは、使っている若者たち自身です。自業自得。いつの時代も若い者には若いなりの苦労があるのです。(大人には大人の苦労が。) その苦労の種類が昔と今とでは違うだけ。昔の苦労が今は無くなったからと言って今の若者を羨んでみたり、逆に昔はなかった苦労をさせられると言うだけで今の若者に同情してみたり。馬鹿馬鹿しい。(2012/10/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長