• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

バランス感覚から見る「ノーベル賞の品格」

歴史に学んで変化の風を読む(番外編2)

2012年10月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いやはや、実に典型的と思いました・・・何のことか? ノーベル賞です。以前『日本にノーベル賞が来る理由』という新書を出したところ、この季節は毎年、新聞、雑誌やテレビ、ラジオから、ノーベル賞関連の取材がくるのが年中行事化しているのですが、例えば今年のノーベル平和賞は典型的な「バランスのノーベル賞」だと思うわけです。

 EUに出されたノーベル平和賞の授賞理由は「60年以上にも及ぶ欧州の平和、(紛争対立の)和解調停、民主主義そして人権の推進に対して"for over six decades contributed to the advancement of peace and reconciliation, democracy and human rights in Europe".」というものです。EU、欧州連合を通貨統合などで成立している単に国の連合体と見るなら、その本質を見誤ると思います。それは、有史以来えんえんと対立とりわけ暴力戦争を繰り返してきた欧州内部に、経済を出発点としながら、恒久的な平和と人権の確立を、という崇高な使命を謳って打ち立てられた一つの理想の具現化。EUとはそういう存在にほかなりません。

EUが人権に懸ける情熱

 EUを基礎付けるのは欧州憲法条約です。その本文に解説を付した衆議院のホームページをリンクしておきましょう。この本文からI―2条「連合の価値」を引いてみると

 「連合は、人間の尊厳、自由、民主主義、平等、法の支配、少数者である人々の権利を含む人権の尊重の諸価値を基礎とする。これらの価値は、多元主義、無差別、寛容、正義、連帯および男女平等が優越する社会にある構成国に共通するものである。」

 とあります。実際、EU本部は人権擁護の活動に大変なエネルギーを使っています。私自身も昨年6月、震災から3カ月目に入った頃でしたが、EU本部の招聘でドイツ国内の長期刑務所などを巡る国際対話行事に参加し、独房の中で収監者と話し合ったりしてきました。

 これは死刑存置国の学識経験者や芸術家、報道人に声をかけて行われた国際対話で、日本からは読売新聞の田中史生記者と私の2人が呼ばれたものでした。ここではいろいろ面白い話がありまして、例えばドイツでは長期「自由刑」の刑務所で独房の鍵を収監者自身が持っていたりする、どうしてかというと、ほかの収監者が勝手に入ってきてプライバシーを侵されてはいけないから・・・といった具合で、あらゆる考え方が日本の常識と違っているのですが、日本は震災復興・原発事故の状況で、いまだこれについてまとまった話を書く機会を得ていません。

 実は昨日もローマから突然電子メールがあり、EU本部からの推薦があり10月29日、イタリア文化会館で行われる人権関連の会合でピアノを弾いて話をしてくれないか、という依頼がありました。EUはその存在を懸けて少数者の保護・権利擁護など、多様な人権の問題に取り組んでいます。

コメント5件コメント/レビュー

「アドバンス(前渡し金)や印税も多くの場合正当に支払われるようになった」は一般論として言えると思います。「自分の手取りのお金の話」というのは著者の主観的な解釈でしょう。私は日本人として恥ずかしいとは思いません。中国は今でもコピー、パクリ天国ですが昔よりはだいぶよくなったと村上氏は伝えたいのだと思います。何の問題もない。村上氏の主張をどうしてもねじ曲げて解釈したい著者の心理が私にはわかりません。(2012/10/19)

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「アドバンス(前渡し金)や印税も多くの場合正当に支払われるようになった」は一般論として言えると思います。「自分の手取りのお金の話」というのは著者の主観的な解釈でしょう。私は日本人として恥ずかしいとは思いません。中国は今でもコピー、パクリ天国ですが昔よりはだいぶよくなったと村上氏は伝えたいのだと思います。何の問題もない。村上氏の主張をどうしてもねじ曲げて解釈したい著者の心理が私にはわかりません。(2012/10/19)

ここのところ,伊東氏は妙に感情的になっているような文章を書かれている。今回の村上氏攻撃にしても,ねじ曲げて読み過ぎてはいないだろうか。私は文学は読まないし村上氏のコラムを読んだわけでもない。従って総合的な判断はできない。それでも,何か違和感を持つ。村上氏が自らの稼ぎに言及したとして,それは単純に身近な事に置き換えて考えたからに過ぎないようにも思える。「不毛」云々にしても,戦争自体を有用・無用と評価したものでなく,動機としても無意味だと言いたいのではないのか?別に尖閣諸島問題をきっかけに戦争が起きても良いなんて言っているわけではないのだから。そもそも,日本語を英語に直訳して,日本語のニュアンスが通じるのか?その翻訳に伊東氏の主観は入っていなかったのか?そのあたりがとても気になる。  どうにもこうにも,前回・今回は何か気持ち悪いコラムだった。(2012/10/19)

伊東氏の珍しくも実に手厳しいご指摘を読むと、村上春樹氏のノーベル文学賞受賞は今後も当分は困難だろうという想像が付く。「東アジア地域」の文化圏というのなら、渡辺淳一氏の方がわかりやすいかも知れない。西欧圏、特に、北欧が大切にしている価値と共鳴しているかどうか、という要素が、ノーベル賞選考でもあるように思われる。この記事における伊東氏のご指摘は、実は、近年の日本社会の風潮に対するものでもあり、ノーベル賞の文脈だけで考えるべきではないと、自戒したい。(2012/10/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授