• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「プロじゃなかった…」リストラで運転手になったミドルの重い一言

グローバル時代を生き抜くプラスアルファを身につける意志力と継続性

2012年10月23日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、非常に考えさせられる出来事があったので、そのことから話そうと思う。

 テーマは何だろう? グローバル時代の真実、雇用喪失時代の悲劇……。いずれもちょっと違う。まぁ、いい。まずは皆さんも、読み進んでみてください。

 「道にまだ詳しくなくって…。すみませんが、行き方を教えていただいてもいいですかね?」

 先日、仕事の帰り道で乗り込んだタクシーの運転手さんは、目的地を告げるなり、そう話し出した。

 数年前から道を知らない運転手さんが、明らかに増えた。だから「またか……」としか思わなかったし、「はい。〇〇方面に向かってくだされば、近くなったら詳しく言いますね」と、いつものように私も答えたのである。

 ところがその運転手さんは私がありきたりの答えをするや否や、突然、ご自身の身の上話を始めた。年齢は、恐らく40歳過ぎ。話しぶりからは、50歳にはなっていないと思われる。で、その内容が、何とも考えさせられるものだったのである。

中国語が話せて最初は重宝されていたが…

 「いやぁ~、ホントお客さんには迷惑をかけっぱなしで。実は私、脱サラしまして。いやいや、そんなカッコいい話じゃないですね。リストラされてね。家族食わせるためには、のんびり仕事探している時間もなかったんで、タクシー運転手になったんですよ」

 「私、ちょっと中国語を話せたんで、前の会社が中国に進出するってなった時に、現地に赴任することになりましてね。家族も引き連れて、中国に乗り込みました。ほら、工業団地ってあるでしょ? あれですよ。で、現地で中国人をたくさん雇って、私たち日本人が彼らに仕事を教えたり、彼らを管理したり。英語を話せる中国人はあまりいませんでしたから、多少下手くそでも私のように中国語を話せると重宝されたんです」

 「どんなお仕事をなさっていたんですか?」と、聞いてみる。

 「生産管理です。あっちではそういう発想がもともとないのか、教えるのに苦労しました。でもね。中国人は日本人よりガッツがあるっていうか、何というか。1つ教えるでしょ? そうすると食らいついてくる。とにかく覚えるのが速いし、一生懸命やる。だから教えがいがある。これじゃ、日本人はかなわんなぁ~なんて思っていました」

 「そんな中国人ですから、日本語が上達するのも速くて。気がつくと私の中国語よりも上手に日本語を話す中国人が山ほど出てきた。生産管理も自分たちでできるようになった、日本語も話せて本社とも話ができる。となれば、私はお払い箱ですわ。5年前に中国に家族で引っ越した時には、想像もしていませんでしたよ。情けない話ですなぁ」

コメント100件コメント/レビュー

外資100%、社内リポートはすべて英語、エリア会議は毎回海外、チームメンバーの99%は外国人(米国・欧州・中国ほかアジア)という環境で長く勤務しています。一見グローバル?かもしれません。本社の業績、戦略、日本の存在意義等々により、事業再編とそれに伴う人員変更も多くありました。毎回なんとか乗り切ってきた拙い経験から。?グローバルの定義は会社・業界によって異なる。?いわゆる「グルーバル」になればなるほど、突出した業績でもない限り(私はなし)、生き残るためには、想像力・工夫・情報力など個人のアンテナが必要。レールもモデルもない。?変化する周囲の状況、求められる技能、構成員など見て、自分の立ち位置・自分のメリットを意識るするよう心がける。ですので、日本的な面倒見の良い上司、会社のアドバイスなどは期待もしていません。日々の作業だけに追われぬよう、意識と工夫とワークライフバランスを継続追求したいと願っています。河合氏の記事は毎回興味深く拝読しています。引き続き色々な考察を掲載して下さい。(2012/11/05)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「プロじゃなかった…」リストラで運転手になったミドルの重い一言」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

外資100%、社内リポートはすべて英語、エリア会議は毎回海外、チームメンバーの99%は外国人(米国・欧州・中国ほかアジア)という環境で長く勤務しています。一見グローバル?かもしれません。本社の業績、戦略、日本の存在意義等々により、事業再編とそれに伴う人員変更も多くありました。毎回なんとか乗り切ってきた拙い経験から。?グローバルの定義は会社・業界によって異なる。?いわゆる「グルーバル」になればなるほど、突出した業績でもない限り(私はなし)、生き残るためには、想像力・工夫・情報力など個人のアンテナが必要。レールもモデルもない。?変化する周囲の状況、求められる技能、構成員など見て、自分の立ち位置・自分のメリットを意識るするよう心がける。ですので、日本的な面倒見の良い上司、会社のアドバイスなどは期待もしていません。日々の作業だけに追われぬよう、意識と工夫とワークライフバランスを継続追求したいと願っています。河合氏の記事は毎回興味深く拝読しています。引き続き色々な考察を掲載して下さい。(2012/11/05)

現在スウェーデンで働いている者です。働いていてつくづく思うのはグローバル化の行く末には、世界共通言語、究極の業務効率化、労働生産性の向上、欧米の作った様々な「世界標準」ルール、によりこれらを受け入れる側はそれに従って組織やプロセスを柔軟に変更し、世界規模で対応していくことが求められ、正に弱肉強食の世界になる。ただ、これを進めていくと同じクオリティのモノが安く生産できる場所にシフトしていくのは当然のことだ。この戦いに「日本人」は参加してはいけないということだと思う。「日本の会社」は別だ。今後特に日本人に必要だと思うのは、効率化や生産性では生み出せない「思考方法」や「思いやり」、「粘り強さ」「拘り」といった時間で解決できないものだ。筆者はそういった理由から3年で1万時間ではなく10年で1万時間としたんだと思う。つまり効率ばかりを求めてはいけないということだ。しかしそれと同時に揺ぎ無い信念を持ちながら仕事をし続けることが必要で、そこから初めてそれが個人のスキル、セールスポイントとして成熟するのだと思う。プロという表現はピンとこないが、こういうことだと思う。また、会社は世界企業を除き無理にグローバル化を推し進める必要はないと思う。そうでなくても売れる仕組みを考えることも非常に重要だと思う。(2012/11/02)

現在スウェーデンで働いている者です。働いていてつくづく思うのはグローバル化の行く末には、世界共通言語、究極の業務効率化、労働生産性の向上、欧米の作った様々な「世界標準」ルール、によりこれらを受け入れる側はそれに従って組織やプロセスを柔軟に変更し、世界規模で対応していくことが求められ、正に弱肉強食の世界になる。ただ、これを進めていくと同じクオリティのモノが安く清算できる場所にシフトしていくのは当然のことだ。この戦いに「日本人」は参加してはいけないということだと思う。「日本の会社」は別だ。今後特に日本人に必要だと思うのは、効率化や生産性では生み出せない「思考方法」や「思いやり」、「粘り強さ」「拘り」といった時間で解決できないものだ。筆者はそういった理由から3年で1万時間ではなく10年で1万時間としたんだと思う。つまり効率ばかりを求めてはいけないということだ。と、同時に揺ぎ無い信念と目的をもってこそスキル、セールスポイントとして成り立つからだ。(2012/11/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授