• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

放言失言・・・ベルルスコーニ、石原、橋下三氏の共通点

アドリブ「天賦の才」で国を滅ぼすな

2012年10月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回に引き続き、大阪市長発言などを例に民主主義のシステムがテレビ衆愚主義に堕ちてはいけない、という話を準備していたのですが、そこに石原慎太郎東京都知事の知事職投げ出しの報があり、まず一通り呆れ果てました。

 そこで、都知事投げ出しを経由して「テレビ視聴者健忘症」的な社会の反応が世の中をおかしくする、それはいけない、という論旨を記そうとおもっていたところ、さらに飛び込んできたのがイタリアのベルルスコーニ前首相への禁固4年の一審実刑判決の報でした。

 橋下氏、石原氏、そしてベルルスコーニ氏・・・たまたま近日ニュースをにぎわした名前を3つ並べてみると、ある共通点が浮かび上がってきます。それは何か? むろん、いまベルルスコーニ氏が問われているような犯罪云々ではありません。もちろん、たとえば東京都政でもオリンピック招致関係などでよくわからない巨額支出などあるようですが、これは別論としましょう。いまここでは、メディア上でも明らかな、ある共通点を指摘しておきます。調子のよいアドリブのトークと、それに伴う差別や偏見に満ちた失言、放言の数々です。

ベルルスコーニ発言の「当意即妙」

 石原氏の知事辞職と新党立ち上げの報が届いた翌10月26日、イタリアのミラノ地裁はシルヴィオ・ベルルスコーニ前イタリア首相(76)の所有する企業「メディアセット」の巨額脱税事件をめぐり、禁錮4年、公職追放5年という厳しい一審実刑判決を下しました。

 判決文は極めて厳しいもので、ベルルスコーニ氏には「犯罪について天賦の才がある」と断じています。これに対してベルルスコーニ氏はメディアの前で激高してみせ、政治的な判決だ、信じられない、断固戦う、などとしているようですが、イタリア報道の大方の観測は、あれこれのパフォーマンスと上訴で審理を長引かせ、その間時効の成立に持ち込もうとする戦略であろう、といたってクールです。

 さて、このベルルスコーニ氏といえば、巨万の富を自由に操る億万長者であること、マフィアその他との関係も取りざたされるなど、ゴシップのタネが尽きない印象がありますが、第一に思い出すのが、芸人のように調子のよい彼のトークと、これに伴うアドリブ的な数々の失言・放言です。

 かつてドイツで新聞を眺めていて、一定の頻度でベルルスコーニ氏の放言・失言が格好の話題を提供していたのを思い出します。彼が犯罪に天賦の才があるかは知りませんが、トーク・アドリブで効果的にイタリアのマイナスになる発言を連発する才能は間違いなく持っていました。

コメント0

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長