• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「若手の隣でベテランが掃除?」 人を惑わすプライドの“正体”

「自尊心」と誤解していてはその本当の意味は分からない

2012年10月30日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 時間が過ぎるのが、とにかく早い。いやいや、何も「もう10月も終わりか~」なんて1年の振り返りを書こうってわけではありませぬ(まだ、あと2カ月あるし……)。

 そうではなく、ふと気がつくと、「あと2年でリタイアだね」なんて笑っていた人たちが、その年にとっくになっていたのである。

 しかも、「リタイアしたら、こんなことをやってみたいんだよね~」なんて言葉とは裏腹に再雇用の道を選んでいることも多くなった。

 ところが、当の本人からは連絡が来ない。定年前までは結構な頻度で連絡をくださり、数カ月前に会った時には、「7月にリタイアだから、みんなへのお礼も含めて飲み会をやろう!」なんて明るく語っていたにもかかわらず、だ。

 新しい雇用先で忙しくなった?

 そうかもしれない。いくつになっても新しい環境はストレスフル。忙しさと相まって、急に音沙汰がなくなることだってあるだろう。

 だから実際にそうであればそれはそれでちっとも構わない。だが、先日共通の知人と仕事でお会いした時に思わぬ話を聞き、複雑な気持ちになってしまったのだ。

彼の事情を知る人が語った意外な憶測

 「多分、それって単純に連絡したくないんだよ。再雇用先があまり知られていない小さな清掃会社だからね。一応、そこの取締役で再雇用されたんだけど、あまり言いたくないんじゃないかな」

 こんなふうに彼の事情を知る人が語ったのだった。

 「でも、そんなの関係なくない? 会社が小さかろうが、清掃会社だろうが別にいいでしょ?」と、その憶測に納得いかずに反論すると、その男性はこう切り返した。

 「いやぁ~、それはどうだろう。うちの会社でも再雇用された元上司が、業務委託先の配送会社に再雇用されたんだけど、会社ですれ違っても気づかないふりとかすることあるからね。特にAさん(再雇用になった冒頭の知人)は、誰もが知っている大企業の部長だったから、プライドが許さないんじゃないのかなぁ~」

 う~む。確かに、大企業に勤めていた人ほど、あるいは、ちょっとばかりかっこいい職業に就いていた人ほど、周りの視線を過剰に気にするなんてことはあるかもしれない。大企業から中小企業に移っただけで、自分までもが大から小に成り下がったように見られたくないから言いたくない。

 でも、勤めている企業が大きかろうが小さかろうが、どんな職種であろうとも、その方がその方であることには何の変わりもないわけで。

 それを「プライドが許さない」だなんて。たとえ憶測であろうとも、言われたこちらが悲しくなった。〇〇会社の部長さんだったから、親しくさせていただいていたわけじゃないのになぁ……。

コメント113

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「若手の隣でベテランが掃除?」 人を惑わすプライドの“正体”」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)