• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

無責任の産物としての大学設置騒動

卒業生が社会に出てからの一生を考えた議論をしているか

2012年11月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ただただ、本質と無関係なところで素っ頓狂なやり取りに終始しているなぁ、とあきれてみています・・・何の話か? 田中真紀子文科相の「大学新設不認可」関連のお話ですが。

ことのなりゆき

 実は今回は、橋下大阪市長の週刊朝日関連の話題の続きを、と思っていたのですが、11月に入ると、もうとっくに話としては過去のものとなり、かつて「八時だよ、全員集合」などでいかりや長介が言っていた「次行ってみよう」状態になっているわけですね。

 このテレビ視聴者的健忘症候群が、実は日本社会最大の病であると私は思っておるのですが、実際に話題としてはピークを過ぎ、編集部も現段階で同業批判は避けたいといい、つまるところその話を続けること自体をやめてみました。実はこれ自体が、私としては状況への最大の批判なのですが、どうしてそうか、というのは別の折に記したいと思います。

 さて、今回の田中真紀子文相のお話、簡単に振り返ってみましょう。

 11月2日、田中文科相は2013年に新設を予定していた秋田公立美術大、札幌保険医療大、岡崎女子大の3大学について新設を不認可としました。

 これら3大学はこれまで一貫して認可の手続きを進めてきたものでしたが、最後の段階である文科相の諮問機関「大学設置・学校法人審議会」が行った2013年度の開校認可の答申に対して「不認可」としたもので、現行制度過去30年で初めてとのこと。

 田中文科相は当初

「大学の質の低下が進んでいる」ので「大学設置の認可を審査する審議会制度を抜本的に見直」したく、「見直しを行う間は、大学の新設を認めない」として、3大学の新設を認めないとしました。またこれにあたって2012年10月25日、ずさんな経営が改善されないため私立学校法に基づいて「解散命令」が出される予定の堀越学園(群馬県高崎市)の事例に言及

「大学はたくさん作られてきたが、教育の質自体が低下」「そのために就職が不可能ということにもつながり、大学同士の競争の激化で、運営に問題も出ている」などとして、制度見直しの間は大学新設を認めないとしたものだと説明しました。

批判と姿勢の変化

 この田中大臣の「不認可決定」に対して、賛否双方でいくつか声が上がるわけですが、率直にいうと、ほとんどすべて素っ頓狂な話だと思わざるを得ませんでした。

 まず第一におかしいのは、田中大臣擁護論というより「よくやった」式の野次でしょう。いわく、官僚主導で進めてきた許認可に対して田中文科相は「政策判断」でこれを覆した、よくやった、うんぬん。

コメント7

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック