• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「女は自由でいい?」  裏に潜む覚悟なき人々の羨望

何かを捨てることを伴う自由な生き方は楽なのか?

2012年11月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「女性は選択肢が多いからいいよなぁ~」
 「そうそう。男にはしがらみがあって、身動きが取れていないような気がするなぁ」
 「女の人の方が自由に生きてるから、元気だよね」
 「あなたも自由に生きてるから、人生楽しいでしょ?」

 これまで何度かこういった類の物言いに遭遇する場面はあった。だが、これといって引っ掛かることなく、その真意について考えることもなく、「そうかもしれませんね~」などと適当に聞き流してきた。

 だって確かに、「多い」と言われれば多い気がしなくもないし、いや、それ以前に一応、「女」である私自身が、「どれにしようかなぁ~」などと、数ある選択肢から選んだ経験は一度もなかったし、しがらみについて考えることもなかったから。

 それに、「自由に生きてる」かどうかは別にして、「人生楽しいでしょ?」と言われれば、まぁ、楽しいことばかりではないけど、楽しいと言えば楽しいし。

 いずれにしても、あまり真剣にそういった物言いに、私のセンサーが反応しなかったのである。

 ところが先日、40代の女性たちとの懇親会に参加させていただき、「ん? これが男性たちの言うところの『選択肢が多い』とか、『自由な生き方』って意味だったのか?」と考える場面に出くわした。

40代の女性の集まりで聞いた体験談

 そこに参加していた女性たちは、それぞれキャリアを持つ方たち。シングルもいれば、既婚者もいる。シングルマザーの方もいた。

 そんな40代のキャリア女性たちは、同世代の多くがそうであるように自分のキャリアや生き方について考え、時に悩み、自分らしく生きるために必要な道を探しているようだった。

 私自身、同年代として同じような感覚に陥ることがたびたびあったので、彼女たちの話はとても興味深いものだった。

 そして彼女たちの口から、「自由でいいなぁ~」「次は結婚か」「女の人は、組織とは無縁の生き方を選べるからうらやましい」などと、嫉妬とも嫌味とも受け取れることを上司や同僚たちから言われて、うんざりしたという体験談が、ある1人の女性の話をきっかけに次から次へと出てきたのだ。

 その女性は一念発起し、20年以上勤めた会社を離れて独立したそうだ。そして、それを知った上司から、次のようなことを言われたのだという。

 「いいよな~、女は。独立してうまくいかなくなったら、結婚すりゃいいんだもんな」と。

コメント63

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「女は自由でいい?」  裏に潜む覚悟なき人々の羨望」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック