• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「好きなことを仕事に!」 “天職信仰”に駆られる若者の不幸

仕事やキャリアは現在進行形で考え方や価値観は常に変わっていく

2012年12月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 学生たちと接して感じること。それは、彼らが“オトナ”たちの想像を超える純粋さと、真面目さと、敏感なセンサーを持っているということである。

 「『好きな仕事をしなさい』って母にずっと言われてるんですけど、どうやったら好きな仕事を見つけられるんでしょうか?」

 「最初はあまり考えないでとりあえず就活を始めたんですけど、好きな仕事ができる会社に入りたいという思いが強くなったので、1年留年して来年もう1度就活やります」

 「成功するためには、やっぱり好きな仕事をすることなんだと痛感しました」

 これらはいずれも就活中、あるいは就活を控える学生たちが語ったことである。中にはキャリアカウンセラーらしき人から、「この仕事が好きだという強い思いが内定につながる」とアドバイスされ、「好きな仕事が見つからないから、内定が取れない」と悩んでいる学生もいた。

「好きな仕事探し」のプレッシャーに押し潰される若者たち

 好きなことをする―─。

 「どうせ働くなら好きなことやった方がいいし、働くってことは結構しんどいことなので、好きなことであった方がいいに決まっている」

 恐らく多くのオトナたちが、自らの経験に基づいてこう思うからこそ、「好きなことをしなさい」とアドバイスをするのだろう。

 そんなオトナたちの一言が、若い世代に重くのしかかる。

 素直な彼らは、「好きな仕事=自分に合う仕事」と考え、必死で好きな仕事を探し、オトナが感じ得ない、「好きな仕事探し」のプレッシャーに襲われる。

 自分が彼らの年齢の時には、もうちょっと世間を斜めから見たり、反抗心のようなものがあったりした気がするのだが、「おお! そこまで素直に受け止めてしまうのか!」と感嘆してしまうほど、素直に、そして敏感にオトナの言葉に翻弄されているのだ。

 でも……。そもそも好きな仕事って何なんだ?

 「好きな仕事=自分に合う仕事」って? そうなのだろうか? 少なくとも私にはそう思えないのだ。

 それに、“好きな仕事探し”シンドロームのようなキャリア教育を受けることは、ホントにその後のキャリア人生に役立つのだろうか?

 いや、それ以上に好きな仕事探しを必死にして、実際に幸運にも「好きな仕事」ができそうな会社に就職できたことが、余計に仕事への適応の妨げになり、早期の離職につながっているんじゃないか、などとも思ったりもする。

コメント80

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「好きなことを仕事に!」 “天職信仰”に駆られる若者の不幸」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授