• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「現状を打破したい!」 東北の被災者たちにもらった1歩踏み出す勇気

何気ない日常からわいてくる生きる力

2012年12月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 また気がつけば年末。今年最後のコラムとなった。

 毎年のことではあるけれど、早い。早すぎる。「夏が来た!」と思った途端に、「年賀状書かなきゃ」と慌てふためく事態を繰り返している。結局、今年も年初にいただいた年賀状の整理をしないまま、新たな年賀状を書く羽目になってしまった。なんてことだ。

 今年ほど、「不安」という言葉を耳にした年はなかった。地域によっても、年齢によっても、職種によっても、はたまた個人によっても、温度差もあれば不安の度合いも違ったけれど、みんなが、誰もが、不安になった1年だったのではないだろうか。

 不安の時代――。そんな言葉が悲しいまでにしっくりきてしまった年だったと思う。

 これは昨年、すなわち2011年の最後に公開したコラムの冒頭に、私が書いたものである。今からちょうど1年前。日本中に鬱積していたのは、「不安」だった。

自分なりの光を見いだした人が増えた

 そして、今。1年前にうごめいていた不安が解消されたわけではないけれど、「少しだけ前に進もう」と自分なりの光を見いだした人たちが増えたように思う。

 「変わろう」──。そう決めて、歩き出した人。
 「変えよう」──。そう考えて、動き出した人。
 「変えなきゃ」──。そういう思いが募り、動こうと模索している人。

 そんなことを研究の一環として行っているフィールドインタビューや取材の際に、感じることが増えたのである。

 「このまま周りのせいばかりにしていても仕方がない」──。

 恐らくそんな思いが、多くの人たちの背中を押したに違いない。

 厳しい状況が改善されたわけではないし、良い時代が到来する予感もないけれど、自分の人生を少しでも有意義なものにするために1歩を踏み出す勇気を持とう。

 とにもかくにも、現状を「打破したい」。そんな心の変化が、ミドル世代を中心に広がった。そう強く感じることの多い1年だった。

 「部下の萎えた気持ちを打破したい」
 「今までの仕事のやり方を打破したい」
 「不況を打破したい」
 「前年割れを打破したい」
 「自分がやりたいことをやるために現実を打破したい」

 私自身、特別なことがあったわけではないけれど、「自分自身を打破したい」と感じることの多い1年でもあった。

 恐らく日本維新の会の会長代行(大阪維新の会代表)である橋下徹・大阪市長に人気が集まった背景にも、橋下さん自身が43歳で、地方政治があまりに国(政府)に牛耳られている現実を打破しようと、「維新の会」を立ち上げたことに共感した。そんなこともあったんじゃないかと思ったりもする。

 そこで今回は、「打破」ということについて、考えてみようと思う。

コメント4

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「現状を打破したい!」 東北の被災者たちにもらった1歩踏み出す勇気」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官