• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本の農業の将来を作る「場」と「将来のスター」の役割

「思い」の連鎖が高付加価値産業の創出につながる

2013年2月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 焼酎が好きだ。飲む頻度は、ワインの方が多いけれども、時々無性に芋焼酎を飲んでほっとしたくなる。

 10年ちょっと前だろうか、東京でもおいしい芋焼酎がいろいろ飲めるようになった頃、「富乃宝山」をロックで飲み、驚愕。自分の思っていた焼酎とは似ても似つかぬモダンな造りに引かれて、造り手である西酒造(鹿児島県日置市)の焼酎を追いかけるようになった。お湯割りでおいしい「吉兆宝山」、長期熟成した「天使の誘惑」、そして、しばらくしてから登場した芋の種類別シリーズ(「宝山 綾紫」「宝山 白豊」「宝山 紅東」など)。

 ワインについては、ブドウ品種ごとに異なった性格の味わいになることを、当然のこととして受け取っていた。しかし、まさか蒸留酒である焼酎が原料のサツマイモの種類によって違った風味になる、などということは夢にも思わず、「どういう人がこんなことを考えるのだろう」と、大変面白く思ったのを思い出す。

 もちろん、この間、黒麹・白麹それぞれ魅力ある「佐藤」や、「森伊蔵」、「村尾」といった超有名どころの焼酎にもはまっていったことは言うまでもない。

無名だった頃に味わった悔しい思いが成長のバネに

 恥ずかしながら、私は「ブッキッシュ(Bookish)」なところがある(単なる「本好き」、というだけでなく、「興味を持った事柄に没頭するよりも関連の本を読み漁ることに時間を使いがち」という自戒を込めた意味です…)。その段に漏れず、当時は、焼酎関連の本をいろいろと手に入れて読んでいた。

 その中の1冊、山同敦子さんの著書『旨い!本格焼酎―匠たちの心と技にふれる旅』(ダイヤモンド社)の中で知ったのが、「富乃宝山」誕生の逸話だ。西酒造8代目の西陽一郎社長(出版当時は専務)は、東京農業大学の醸造学科に進学。その当時の思い出話を同書から少し引用してみよう。

 「日本酒について時間をかけて学びましたし、試験醸造もしました。でも焼酎については『醸造酒を蒸留すれば焼酎になります』という一言の説明で終わりでしたね」

 同級生には、日本酒の蔵元の子息たちが多く在籍していたが、焼酎蔵の子息はいなかった。クラスメートたちと一緒に銘酒居酒屋に行くと、彼らの蔵の酒が並んでいる。焼酎はない。店主も、有名な日本酒の蔵の子息だとわかるとちやほやするが、焼酎蔵は相手にしてもらえなかった。

 過去の「安物」「臭いが強い」といったイメージが災いし、焼酎がレベルの高い嗜好品として、全く扱われていなかった時代だったのだろう。

コメント2

「御立尚資の帰ってきた「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「日本の農業の将来を作る「場」と「将来のスター」の役割」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCGシニア・パートナー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経て現在に至る。事業戦略、グループ経営、M&Aなどの戦略策定・実行支援、経営人材育成、組織能力向上などのプロジェクトを手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック