• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

勝つのは決して体罰のおかげではない

日本と同様の体罰事件への、米国に見る真摯な対応

2013年2月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 柔道の女子選手15人が全日本女子代表前監督の暴力行為を告発した問題が、日本スポーツ界を揺るがす大問題に発展しています。国際柔道連盟会長から「(暴力行為は)嘉納治五郎師範が説いた精神と理念では決してない」との批判を受けるなど、日本の“お家芸”としての柔道の面目はつぶれ、品格は地に落ちた形です。

 全日本柔道連盟(全柔連)によれば、2010年8月から12年2月までの間に、前監督による5件の暴力行為が確認されており、昨年9月下旬には同監督の暴力行為について、女子選手1人が全柔連に告発しています。今回の(2度目の)告発では、15人もの選手が日本オリンピック委員会(JOC)に直接告発していることから、選手の全柔連に対する不信感が透けて見えます。

 それにもかかわらず、JOCは再調査を全柔連に命じました。さらに、全柔連は同監督らへの聞き取り調査の結果、告発の内容が「事実に近い」と判断しましたが、「監督が(選手への暴力を)しないと言っている。その言葉を信じている」として続投を決めました(監督は倫理推進部会で文書による戒告処分を受けた)。しかしその2日後には、監督からの進退伺いを全柔連が受理し、一転して辞任が決まります。

 実は昨年米国でも、今回の事件と極めて似た代表チーム監督による暴力問題が起こりました。米国の冬季スポーツの“お家芸”とも言えるスピードスケート界で起こったその不祥事は、その構図が極めて今回の日本の女子柔道事件と似ています。しかし、対応は日米で全く違ったものになりました。

 今回のコラムでは、似通った日米の代表監督による暴行事件を比較することで、日米のスポーツ界の対応の違いや、それを生み出した背景について整理・解説してみようと思います。

米国の“お家芸”で起こった暴力事件

 昨年8月末、5人のオリンピックメダリストを含む19人のスピードスケート(ショートトラック)の選手が、肉体的・精神的虐待を受けたとして代表チーム監督を米スピードスケート連盟(USS)および米オリンピック委員会(USOC)に告発しました(うち2選手は、警察に被害届も出している)。

 スピードスケートと言えば、米国では冬のスポーツの“お家芸”で、冬季五輪で最も多くのメダルを米国にもたらしている競技です。その意味では、日本の柔道にとても近い存在と言えます。

 告発状によると、代表監督は選手を壁にたたきつけ、繰り返し殴打し、ボトルや椅子を投げつけ、あるいは女性選手には「デブ」「気持ち悪い」などの暴言を吐いたとされます。告発した選手たちは、同コーチの下では2度と練習を行わないとボイコット宣言し、個別にコーチを雇って独自に練習を行っていたそうです。

コメント6件コメント/レビュー

この記事は全日本女子代表前監督の暴力事件の時の報道での間違いを2つ教えてくれます。一つは、欧米では暴力による指導は行われていない。だから今回のような問題は起きないというもの。スポーツ報道の関係者がいかにスポーツにおける暴力問題に無関心だったかを示しています。そして、もう一つが、世界レベルの競技者に対しての暴力は考えられない。低いレベルの競技者とは違う。というものです。こちらも記事中で「トップレベルのエリート選手ほど不法行為を経験しやすい」と事実は違うことが紹介されています。こちらも日本の指導者が暴力が競技者及ぼす影響について無関心だったことを示しています。どちらも、マスコミも含めて日本のスポーツ関係者が選手への体罰などの暴力に無関心だったことをあらわしています。そして、今回一時的に騒いでもしばらくしたらまた元にもどるような気がします。(2013/02/18)

「鈴木友也の「米国スポーツビジネス最前線」」のバックナンバー

一覧

「勝つのは決して体罰のおかげではない」の著者

鈴木 友也

鈴木 友也(すずき・ともや)

トランスインサイト代表

ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表。一橋大学法学部卒、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)出身。スポーツ経営学修士。中央大学非常勤講師

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この記事は全日本女子代表前監督の暴力事件の時の報道での間違いを2つ教えてくれます。一つは、欧米では暴力による指導は行われていない。だから今回のような問題は起きないというもの。スポーツ報道の関係者がいかにスポーツにおける暴力問題に無関心だったかを示しています。そして、もう一つが、世界レベルの競技者に対しての暴力は考えられない。低いレベルの競技者とは違う。というものです。こちらも記事中で「トップレベルのエリート選手ほど不法行為を経験しやすい」と事実は違うことが紹介されています。こちらも日本の指導者が暴力が競技者及ぼす影響について無関心だったことを示しています。どちらも、マスコミも含めて日本のスポーツ関係者が選手への体罰などの暴力に無関心だったことをあらわしています。そして、今回一時的に騒いでもしばらくしたらまた元にもどるような気がします。(2013/02/18)

JOC理事の橋本聖子議員が告発した選手の名前を公表すべき、という読売新聞の記事を読んで驚きました。この発言で告発した選手は怯えていると。当然です。なぜ告発した選手をまず守ろうと考えないのでしょう。議員はやはり「自分への票」が大切ということだとしたら残念です。(2013/02/16)

武士とかサムライと言う単語で日本全体を表そうとする傾向が世間に横溢しているが、いつも違和感を感じる。江戸時代に武士は人口の一割にも満たなかったと聞く。そんな少数派に日本全体を代表させるなど、あほらしい限りだ。「ゲイシャ」で日本女性を表現させて満足しているのと余り変わらない。 武士が生産者で無かったことだけは事実だろうが、日本人の多様性を無視し切って、「サムライ」云々は片腹痛いと言うもの。今回のレスリング廃止案には、米露もびっくりだそうで、別に日本がサムライ商法だったから生じたと決めつけるのはいかがなものか?せいぜい日本も世界レベルで陰謀や諜報を積極活用すべしと言う話でしょうね。(2013/02/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長