• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

MITは「理系バカ」が役に立たないと知っている

米国トップ大学の教養教育事情 MIT編その2

2013年3月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回から読む

上田 紀行(うえだ・のりゆき)
文化人類学者、医学博士。1958年東京生まれ。東京大学大学院博士課程修了。愛媛大学助教授(93~96年)などを経て、2012年2月より東京工業大学リベラルアーツセンター教授。2005年の渡米時にはスタンフォード大学仏教学研究所フェローとして、「今の仏教は現代的問いに答え得るか」と題した講義(全20回)を行った。講義にディスカッションやワークショップ形式を取り入れるなどの試みを行っており、学生による授業評価が全学1200人の教員中第1位となり、「東工大教育賞・最優秀賞」(ベスト・ティーチャー・アワード)を学長より授与された。著書に、2006年の大学入試で出典数1位となった『生きる意味』(岩波新書)、『目覚めよ仏教!-ダライ・ラマとの対話』『がんばれ仏教!』(NHKブックス)など。(写真:大槻 純一、以下同

上田:なぜMIT(マサチューセッツ工科大学)がリベラルアーツ教育に力を注ぎ続けるのか。MITの文科系学部の先生はこう強調しました。

「大学というのは何かを学ぶ場所だけれども、その学んだことを生かすのは社会の中です。大学で電子工学や機械工学を学び、そこで得た知識でコンピュータや自動車を作るとしても、その製品は社会に存在し、人間に使われるわけです。ならば、作り手に回る理系の人間こそ、社会と人間のことを徹底的に知っていなければ、理解しなければ、コミュニケーションがとれなければダメです。だから『教養』を身につける必要があるのです」

池上:理系以外の世間の人は、電子工学や機械工学のことは知らないかもしれない。でも、仏教のことについては詳しいかもしれないし、シェイクスピアは読んでいるかもしれない。社会の基盤となるさまざまな教養の体系を知ると知らないとでは、ものづくりで具現化する製品の質も変わってくるでしょうし、また社会と技術のかかわり方も変わってきてしまうでしょう。そこで思い出したことがあります。

上田:何を、ですか?

池上:2011年3月11日の東日本大震災に伴う東京電力の原子力発電所事故です。東電と経済産業省や学者たちの原発のリスクに対する不備が指弾された際、図らずも明らかになったのが、理系の専門家が原発のリスクについて語るべき適切な言葉を持っていないことでした。世間とのずれが露呈してしまったともいえますね。

 専門的知識のない人たちに伝えられない。これはまさに伝える側の「教養」の問題でもあります。

上田:MITや東工大のような理系の専門大学を卒業して、技術者や学者として社会にアウトプットをするとき、世間一般よりも教養がなかったら、社会に対して責任のあるかたちで科学や技術の果実を還元できませんね。

池上:MITの先生は、「この大学も、最初からリベラルアーツ重視の教育をしていたわけではない」と話されていました。1960年代から70年代にかけては理系専門学校化が進み、リベラルアーツが軽視された。音楽教室が70年代にできたのも、リベラルアーツ教育の低迷に学内で危機感が生まれたからだ、ということでしたね。

上田:では、MITでは、どうやって具体的にリベラルアーツを教えているのか? 先生に訊きました。するとこんな答えが返ってきた。

「私たちが学生に教えるべきは、知識そのものではなく、学び続ける姿勢です」

 言い換えると、大学4年間で学ぶべきは、知識を暗記すること以上に、学ぶ姿勢であり、学び方――how to learnだというのです。

池上:たしかに。大学を出たら、自分で学ばなければいけませんね。

日本の政治家はなぜ「オフ・ザ・ウォール」できない?

上田:そうなんです。社会に出たら自ら学ばなければそこで成長は止まってしまう。社会に通用しないだけでなく、つまらない人間になってしまいます。そこで痛感したのですが、日本の大学教育には、そもそもこの「学ぶ姿勢」を教えるという側面が弱かったな、と。これは、今に始まった話ではなく、ずーっと昔から。

 なぜそう思うかというと、池上さんが以前教えてくださったエピソードが頭の中に残っていたからです。

池上:どの話でしょう?

上田:日本の政治家が海外の国際会議の会場やパーティでどうしているのか、という話です。

池上:ああ、あの話ですね。日本を代表して出席している政治家は、大概の場合、端の方にぽつんと座っていて、各国の代表とまったく会話をしていないんですね。パーティのときもそうです。

上田:英語ができないから、じゃないんですか?

池上:その側面もあるかもしれませんが、本質的には語学の問題じゃないですね。そもそも「会話」に加われないんです。なぜかというと、各国を代表してやってきた政治家たちと語るべき「コンテンツ」を持っていないから。言い換えれば「教養」がないんですね。企業トップでも同じようなことが起きるんです。自分の持ってきた仕事のプレゼン用コンテンツ以外に、会話の中身がない、というわけです。

上田:それは今に始まったわけじゃないですね。

コメント8

「池上彰の「学問のススメ」」のバックナンバー

一覧

「MITは「理系バカ」が役に立たないと知っている」の著者

池上 彰

池上 彰(いけがみ・あきら)

ジャーナリスト

1950年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。報道局主幹を経て、2005年3月よりフリージャーナリストとして活躍中。2012年4月から東京工業大学で東工大生に「教養」を教えている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)