• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「“誇りの空洞化”が最大の問題」 フクシマの村長が語った苦悩

それでも川内村の再生に向け人口を震災前の1.7倍に増やす覚悟を示す

2013年3月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ただ単に自分の故郷、我が家に戻ることなのに、どうしてこんなに難しいのか。そんな思いばかりが募った1年でした」

 昨年1月末に、「戻れる人から戻りましょう!」と帰村宣言を行った福島県川内村の遠藤雄幸村長の重たい一言を直接聞いたのは、2カ月ほど前。今年1月にテレビの報道番組に出演した時に初めてお目にかかり、川内村の“今”を語っていただいたのだ。

 「原発って、私が考えている以上に、福島の方たちの人生をめちゃくちゃにしたのだなぁ」と何とも言えない暗澹たる気持ちになった。遠藤村長が紡ぎ出す言葉の一語一句が、とてもとても重く、そのすべてが、私の想像をはるかに超えていたのである。

 生活すること、働くこと、生きること……。どれもこれも決して特別なことではない。なのに、「どうしてこんなに難しいのか」という遠藤村長の言葉には、悔しさといら立ちがあふれていた。

一気に何十年も進んだ川内村の高齢化と過疎化

 生活するためには仕事が必要だし、仕事は私たちの生活と共にある。

 そこで今回は、「被災地の仕事」について考えてみたい。とはいえ、私は自分に仕事があり、被災して今なお苦しむ方々とはあまりに異なる境遇にいるので、どこまで本質を捉えられるか、いささか自信がない。

 東日本大震災が起きてから昨日で丸2年。被災地という言葉で1つにくくることへの抵抗もある。川内村の中でも、村民の一人ひとりに異なる事情だってある。だが、必死に思いを巡らせてみるので、読者のみなさんもぜひ一緒に考えてください。

 川内村は、その全域が東京電力・福島第1原子力発電所から30kmの範囲にあり、2011年3月16日に村長の指示のもと、自主的に福島県郡山市に「全村避難」をしている。

 その後、緊急時避難準備区域に設定されていたが、2011年9月30日に解除され、2012年1月に帰村宣言が出された。

 現在、全村民3000人の約4割に相当する1200人が帰村し、帰村者のうち6割超を50代以上の中高年層が占める。災害はそれまで見えなかった社会構造の問題点を顕在化して加速させると言われているが、川内村でも震災と原発事故を機に、村の高齢化と過疎化の針が一気に何十年も進んでしまったのだ。

コメント31

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「“誇りの空洞化”が最大の問題」 フクシマの村長が語った苦悩」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長