• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

違和感あり!日本の「国民幸福度」は正しいのか?

“幸せランク”はイギリス12位、日本が21位

  • 吉田 耕作

バックナンバー

2013年5月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 これまで、国際競争力の比較に関しては、主にGDPなどの経済指標を用いて比較してきた。あるいは、人口や国土の広さや軍事力など、定量的な数字で表せる分野に注目してきた。今回は、それではその国に住む人たちはいったい幸福なのかどうかという点に関して、少々考えてみたい。

国民幸福度

 GDPの比較は、その国の経済がどの位うまく機能しているかを測るのに十分なのか、また、経済生活の豊かさが人々を幸福にしなければ意味がないのではないか、という議論が最近なされるようになっている。国民が実際にどれだけ幸せかということに、もっと注目しなければならないというわけである。ブータン王国が国民総幸福量(Gross National Happiness[GNH])を用いているというのが評判になり、その方向の指標がいくつか出てきている。

 OECDでも国民幸福度を発表している。そのランキングでは1位オーストラリア、3位アメリカ、12位イギリスで日本は21位となっている。私がこのランキングに極めて違和感を感じたのが、今回のこの小論の出発点である。

シンガポールとイギリスの経済力

表1 国別1人当たり国内総生産(資料:世界銀行)

 まず、手始めに、世界銀行のデータによる最近の国民1人当たりの国内総生産から見てみよう。表1を参照してほしい。ここでは、日本との比較としてシンガポールとイギリスに注目したい。シンガポールは急激な経済成長を遂げ、国民1人あたりのGDPが世界3位とずば抜けて高く、国民1人当たりでは日本を超えてアジアで最高の経済力を持つ国である。また、イギリスは歴史的に、日本が民主主義の先進国として見習い、経済や文化の発展の目標としてきた。 国民の経済力はヨーロッパの主要国とほぼ同程度である。

コメント10件コメント/レビュー

小笠原村父島によく行きますが、平均年齢が東京都で一番低く(出産する女性が多い)、子供の笑顔がいっぱい見られます。物価が決して安く無く、移動に不自由なこの島で日本、いや世界でもこれほど幸福度の高い場所は無いだろうな、と思っています。老人(医療)にとって幸福かは別として。(2013/05/08)

「統計学者吉田耕作教授の統計学的思考術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

小笠原村父島によく行きますが、平均年齢が東京都で一番低く(出産する女性が多い)、子供の笑顔がいっぱい見られます。物価が決して安く無く、移動に不自由なこの島で日本、いや世界でもこれほど幸福度の高い場所は無いだろうな、と思っています。老人(医療)にとって幸福かは別として。(2013/05/08)

記事に全面的に同意します。市場至上主義は、長期的に見れば経済的にも不合理ですし。経済の目的は何なのかということを改めて考えさせられました。●ちなみに、日本人が幸福度が低いのは、精神的なよりどころを失っているからだと思います。自国へのプライドは持ってはならない、無宗教がよいとされる、とにかく個人主義が正しい。このような価値観がまかり通ると、一部の強い人間を除いた国民は、価値観のよりどころを失ってしまいます。日本人の主観的な幸福度が低いのはこのせいで、逆に言えば、私は日本は最も幸せな国になりうる社会構造をギリギリまだ維持できている国だと思っています。これからアベノミクスで明るい世の中になる事を望みます。(2013/05/08)

幸福度を扱う時は、自殺者数も同時に考慮したほうが良いと思います。(2013/05/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長