• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「出世して、子供も産め?!」 “働き方強要社会”に疲弊する女性たち

本当に必要なのは「仕事が面白い」と感じられる環境づくり

2013年5月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「女性はしっかり子育てをしろ!」と言われているのか? それとも、「子育ても仕事も、両方やれ!」と言われているのか?

 先日、安倍晋三首相が働く女性たちの支援策として打ち出した、「3年間抱っこし放題(育児休暇を3年まで延長)」プランに対して、疑問、異論、反論が巻き起こっている。

 新聞やネットで、いろんな人たちが、男性の育休やら、女性キャリアの空白やら、非正規雇用の問題やら何やらと絡めて論じているので、今さらここで取り上げるのはやめておく。

 ただ、ちょうどその発言があった2日ほど前に、このコラムで今年度から消費者庁が、「職員が育休を取得した場合にプラス評価するよう人事評価制度を改正した」ことを取り上げ次のように書いていたので、正直、驚いた。

 「このまま森大臣が突っ走れば、『育児休暇を取得した場合にプラス評価する人事制度』を導入した企業に、法人税の減税とか、何らかの助成金とかを優遇する処置を導入する可能性も否めない。うん、今の安倍晋三政権の勢いじゃ、そうなるかもしれないなぁ」(関連記事:「子供を産めば出世できる?!」 消費者庁新人事制度の“迷走”

 「おおお! そこに行ってしまうのか!!」と、あっけにとられたのだ。何しろ、予想通りに助成金を創り、復帰前の学び直しプログラムを用意したものの、あまりに非現実的に思えたから。

 ただでさえ育休で抜けた穴を埋めるのに手いっぱいだというのに、これってホントに女性たちの支援になっているのだろうか。しかも、男性の育休に触れることも、女性に多い非正規雇用の問題に触れることも、子供を持つ女性たちが苦労している保育所確保の問題への具体的な政策(5年で待機児童ゼロを目指すとしただけ)を示すこともしていない。

 期間延長を要請する前にもっと取り組むことがあるだろうし、そもそも「3年休みたい」と願っている女性がどれだけいるのだろうかという疑問もある。

 少なくとも私が知る限り、育休の期間を延ばすことよりも、復職のために子供を預けられる環境を整えてほしいという声の方が圧倒的に多い。

 ってことは、これまた大企業様のためのもの? 育休3年制度を推進できる余裕のある大企業様には、「たんまり支援しまっせ」ということなのだろうか。

入社5年目の女性が語った自己嫌悪の思い

 ああ、書かないと書いて、ついつい書いてしまいました。しかもかなり感情的に。申し訳ない。

 いずれにしても、今回は何も政府の方針にあれこれと言いたいのではない。では、何を書くかって? はい、テーマですね。

 まずは先日、ある企業の講演会で20代の女性が語ったことをお聞きください。

コメント90

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「出世して、子供も産め?!」 “働き方強要社会”に疲弊する女性たち」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長