• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「女性手帳の次は、恋愛手帳?」 少子化政策に透ける “オヤジ”の本音

女性をも気がつかないうちに絡め取る超オヤジ的発想の力

2013年5月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、やはりこの話題に触れねばならない。なぜ、こうも毎週毎週、「じぇ、じぇ、じぇ~」と悲鳴を上げたくなることばかりが発表されるのか。

 はい、このコラムの前回をお読みになった方はお分かりですね。先日発表になった、「女性手帳」導入に関してです。

 とはいえ、既に話題になりすぎて食傷気味の方も多いと思うので、「女性手帳」の是非を考えるのではなく、なぜ、こうも次から次へと、違和感を覚える政策ばかりが発表されてしまうのか? ということについて考えてみようと思う。

 とはいえ、女性手帳導入が、今回のテーマ選定の起爆剤になったことは確かなので、この件に関して私の考えを本論に入る前に書いておきます。

 念のため、ご存じない方のために説明しておくと、『女性手帳』の導入は、内閣府の「少子化危機突破タスクフォース」(議長・森雅子少子化担当相)が先週発表したもので、6月に政府が発表する「骨太の方針」に盛り込む方向で調整している。

 女性を対象に、10代から身体のメカニズムや将来設計について啓発し、30代半ばまでの妊娠・出産を人生設計に組み込んでもらおうというのが狙いだ。

若年層に絞った“少子化対策”に覚えた違和感

 「少子化危機突破タスクフォース」は今年3月に立ち上げられた時点で、少子化対策は若年層にターゲットを絞ると断言。女性手帳のほかにも、若年層の恋愛調査の実施、婚活イベントへの財政支出、若年の新婚世帯の住宅支援、などを順次実施していくという。

 このニュースが報じられる数日前に、厚生労働省の研究班が、「不妊治療の公的助成に年齢制限を設ける場合、39歳以下とするのが望ましい」とする報告書を提出し、同省と金融庁がそれぞれの会議で検討することになったとの報道もあったので、今回の発表の裏にはそうした事情も絡んでいるのかもしれない。

 いずれにしても、少子化タスクフォースの狙いをかなり乱暴に言うと、「さっさと女性は結婚し、子供を産み、仕事もしなさい! そのためには、婚活もサポートをしますよ」ということなのだろう。

 40をとっくに過ぎている私は、タスクフォースのターゲットにも何にもなっていないし、期待もされていないわけだが、無理やり嫌いな食べ物を口に突っ込まれたような、妙な気持ちの悪さを即座に感じてしまった。うん、女性手帳がいいとか悪いとか頭が判断する前に、生理的な反応が生じてしまったのだ。

コメント73

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「女性手帳の次は、恋愛手帳?」 少子化政策に透ける “オヤジ”の本音」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長