• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

原発問題の合意形成が至難である理由

桑子先生に入門!「社会的合意形成」 第5回

2013年5月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回から読む

池上 彰(いけがみ・あきら)
ジャーナリスト。1950年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。社会部記者として経験を積んだ後、報道局記者主幹に。94年4月から11年間「週刊こどもニュース」のお父さん役として、様々なニュースを解説して人気に。2005年3月NHKを退局、フリージャーナリストとして、テレビ、新聞、雑誌、書籍など幅広いメディアで活躍中。2012年4月より、東京工業大学リベラルアーツセンター教授として東工大生に「教養」を教える。主な著書に『伝える力』(PHPビジネス新書)、『知らないと恥をかく世界の大問題』(角川SSC新書)、『そうだったのか! 現代史』(集英社)など多数。

池上:ここまで、社会的合意形成について伺ってきましたが、どうしてもひとつお聞きしたいことが出てきます。それは、原子力発電所、原発についてです。おそらく読者の皆さんも、ここまで読んできて、社会的合意形成は原発の是非を問うときにこそ必要なのでは、と思っていらっしゃるはずです。

 原発問題について、どうやって合意形成をしていけばいいでしょうか。

桑子:実はいまとある被災地でこれから町をどうしていくかという合意形成に関わっているのですが、原発にからむ問題は難しいですよ。

池上:どんなところがですか?

桑子:私がこれまで関わってきた、たとえばダムの問題、道路の問題については、みんな意見を持っていました。その意見には賛成反対ともにちゃんとした理由がありました。その理由の来歴もありました。

池上:原発の問題ではそれがないんですか。

桑子:ない。なにせ、原発事故によって根っこの部分から全部、壊れてしまっているわけです。町によってはコミュニティそのものが崩壊している。しかも高度な科学技術がからむ話で、専門家ですら意見が割れている。一般市民が、自分がどういう意見を持っているのか、持ったらいいのかということがわからない。何かを心配しているんだけど、どう心配しているのかもわからないんです。

池上:うーん、たしかにそうですね。

桑子:わからない。意見を形成したいんだけれども、その意見形成の根拠となる科学的説明というのがどうも信用できない、何を信用していいかわからないという状態の中にいます。

原発問題は、対立の「構造」がゆらぎ続けている

池上:たとえば放射線量が体に与える影響についても、専門家によって言うことが違います。

桑子 敏雄(くわこ・としお)
哲学者。東京工業大学大学院教授、同リベラルアーツセンター長。博士(文学)。1951年群馬県生まれ、75年東京大学文学部哲学科卒業、同大学院人文科学研究科哲学専修課程、博士課程修了。南山大学助教授などを経て東工大へ。2012年4月よりリベラルアーツセンターを率い、東工大生の「教養」力向上に務める。著書に『西行の風景』『感性の哲学』(日本放送出版協会)、『風景のなかの環境哲学』(東京大学出版会)、『空間の履歴』(東信堂)など多数。

桑子:そういうった中で、自分たちがこれから生きる地域をどうしていったらいいかについて、合意を形成しなきゃいけないんです。難事業です。

池上:桑子先生のお話では、合意形成の大前提として、意見の対立構造を明らかにする必要がありましたよね(前々回参照、リンクはこちら)。

桑子:そうです。対立している明確な意見があって、コンフリクトの構造がはっきりしていれば、私も何かしら「こうしたらいいんじゃないか」と言えるんですが、それがないんです。

 もちろんさまざまな賛成や反対がある。つまりコンフリクトの構造はある。ところがそれがどんどん動いてしまう。新しいニュースや新しい状況で、構造そのものがゆらぐ。当然、人々の意見も動揺しっぱなしです。意見も、意見の理由も揺らいでしまう。

コメント7件コメント/レビュー

『理論が先だとその理論を複雑な現実に押しつけようとします。これでは、現実の複雑性、多様性、そして変化を捉えることも、問題に対する適切な答えも見出すことができない。』そうですよね。どんな理論も現実の複雑さをそぎ落として、単純化した事に対していますね。だからこそ汎用性があるのですが、ともすると押し付けになる。色々なスキルを学ぶと出来るつもりになって、押し付けになっていることに気がつかなくなるのですよね。(2013/05/30)

「池上彰の「学問のススメ」」のバックナンバー

一覧

「原発問題の合意形成が至難である理由」の著者

池上 彰

池上 彰(いけがみ・あきら)

ジャーナリスト

1950年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。報道局主幹を経て、2005年3月よりフリージャーナリストとして活躍中。2012年4月から東京工業大学で東工大生に「教養」を教えている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

『理論が先だとその理論を複雑な現実に押しつけようとします。これでは、現実の複雑性、多様性、そして変化を捉えることも、問題に対する適切な答えも見出すことができない。』そうですよね。どんな理論も現実の複雑さをそぎ落として、単純化した事に対していますね。だからこそ汎用性があるのですが、ともすると押し付けになる。色々なスキルを学ぶと出来るつもりになって、押し付けになっていることに気がつかなくなるのですよね。(2013/05/30)

連載、楽しませていただきました。ありがとうございました。河川の改修やダムの工事については、桑子先生の手法を使えば合意形成がやりやすくなることがわかりました。「落としどころ」ではなく「理由の来歴」を相互に理解するところから始めると合意しやすくなる。これまでに読んできた日経ビジネスオンラインの連載の中でも、私にとっては一二を争う有益さでした。早速仕事で使わせていただいています。原発について社会的合意が難しいこともわかりましたが、原因と結果に関する科学的因果関係については、当初は科学者によって見解が割れてはいましたが、多くの研究者の努力によって少しずつ解明が進むことでしょう。また「空間の来歴」だけでは住民の主張を言い当てられなくなってきているのは、新興住宅地や都市部に住む住民のケースでも言えることであり、こちらは今後の「社会的合意形成」のテーマではないかと思います。意見が大きく二派に分かれませんが、それでも理由の来歴とその人の主張がリンクするという原則は変わらないと思います。原則が理解できていれば手はあるような気がします。ぜひこうした「社会的合意形成手法」について多くの日本人が学べるよう、機会作りをお願いしたいです。社会に出るにあたって誰もが学ぶべき重要なスキルであると思います。(2013/05/30)

うん、納得― 読み進む中、何度も自分にサイン入り。集合住宅に住む私にとって合意形成は課題だったので特に感じ入ったのでしょう。比して原子力発電所・原発事故の問題は事案の来歴に関わり、攻守入れ替わり、多勢に無勢、活断層の真上に有りや無しやの正に学術的にも原点に戻ってなのか、従来なら仕切り直し程度でお茶を濁しただろう収束点に留まらぬ大問題に比べれば小さかろうと思う。しかし筆者の心根に沿う面として、關心なくしてははじまらないには同感で私のふるさと見分けは、何でも面白がるであり、手掛けてみるでした。提案風に発案してねが、破天荒な提案で表れたり、そのバリエーションとして派生的に幾つかのアイディアに変身して行くのを楽しみ、あらためて事の大小ではなく、記事のように系統的に論理的に組み立ててすすめているわけではありませんが、うん、この辺はここに沿ってやっている、これからはそうか、なるほどと納得です。私たちの実学として、私たちで精一杯できるところからを合言葉にします。(2013/05/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長