• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大学生を“自殺”にまで追い詰める「就活威嚇社会」の異常

正解だけを求めるマークシート方式の教育から改めよう

2013年5月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 学生たちの元気がない。いや、おびえている―─。そう、おびえていて、若者“らしく”ないのだ。

 「みんな就活が怖いんですよ。大学で競うのは、いい会社に内定をもらえるかどうかです。大学は就活のために行く場所ではないはずなんですが、現実にはそうなっている。昔はうちの大学には、世の中を斜に見るような生意気な学生が多いのが特徴だった。私も卒業生なんですけどね(笑)。今は、そんな学生は天然記念物ものとなってしまった。素直とか、おとなしいといえば聞こえがいいですけど、日本のおかしな就活レースが、学生たちをがんじがらめにしてるんです」

 知り合いの大学教授は、“らしく”ないという極めて感覚的な私の言葉を聞いて、こう話してくれた。

 そういえば、つい先日も「東大に入学したばかりの新入生の6割が、就活に不安を覚えている」なんて報道があった。

 在学生で作る公益財団法人「東京大学新聞社」が今春、全新入生3153人を対象に、「就活に不安を感じるか」と聞いたところ、16%が「とても不安」と答え、42%が「やや不安」と回答したのだ。

年々ひどくなるシューカツの異様度

 確かに、私の講義(キャリア教育とは直接関係のない講義内容)でも、授業の感想などを書かせるレビューシートに、就活相談をする学生は多い。

 「就活を成功させるには、何が一番大切なんでしょうか?」
 「就活で、どうやってブラック企業を見極めればいいのですか?」
 「就活の時にどういう話し方をしたら、好印象を持ってもらえるんでしょうか?」

 もし、漫画の吹き出しみたいなのが現実に見えるとしたら、学生たちの頭の上には、常に“シューカツ”の文字がのしかかっているに違いない。

 これまでにもシューカツの奇妙さについて何回か書いてきたけれど、その奇妙さが年々ひどくなり、今や脅威となって学生たちに襲いかかっている。

 まさしく、“就活威嚇”時代。就活の結果で、その後の人生のすべてが決まると思い込む大学生たちが大量に発生している異常な社会が、今、ここにある。

 そこで今回は、“就活威嚇”時代について考えてみようと思う。

コメント79件コメント/レビュー

「世界一即戦力な男」が就職できた事に一番驚いた。ほかに感想...相変わらず感情的な文章だな、と。(2013/06/13)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「大学生を“自殺”にまで追い詰める「就活威嚇社会」の異常」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「世界一即戦力な男」が就職できた事に一番驚いた。ほかに感想...相変わらず感情的な文章だな、と。(2013/06/13)

新卒一括採用を無くすには、年功序列の廃止と、同一労働同一賃金制度の義務が不可欠ですね。正社員だろうが派遣社員だろうが、同じ労働をする労働者は同一の手取りを受け取れるようにする。これが実現できれば新卒だろうが卒業後であろうが関係なくなるのではないでしょうか。一括採用自体は採用・社員教育の効率化という観点から悪くはないと思います。(2013/06/10)

 結論は新卒採用廃止など至極真っ当な事をおっしゃっていると思います、新卒一括採用など害しかありません。しかし、この問題の根本が教育と言われてもイマイチピンと来ない、論理の飛躍が甚だしいと思いました。 確かに大学以外の学校では暗記力に偏った教え方をしているとは感じていますが、小学校では漢字や九九など今後上位の学問を修めるにあたって必須となる知識を習得する場でもあるため、その下地の無い状況で論理的に思考を行うことができるか疑問です、英単語を覚えるのも英文の学術書を読むための知識です、自由な思考の訓練は夏休みの自由研究で十分だと考えています。 むしろ問題なのは本来自由な思考の場である大学のゼミが就職活動の圧迫によって劣化している事にあると思います、特に文系大学ではかつての様な学生と教員が切磋琢磨し論文を書き上げる形のゼミが完全に崩壊していると聞いています。 むしろ私は昨今の学生の自信喪失の原因は度重なる自己分析によってエントリーシートや履歴書に自分の人生や信念まで乗せてしまったがために、何度もお祈りメールを頂いた時に自分のそれまでの人生が崩れ去るように感じるからではないかと思っております、特に昨今の学生が内定に辿り着くまでに貰うお祈りメールの数は常軌を逸しています。(2013/06/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授