• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「人命よりも企業?!」 過労がなくならない日本の歪んだ価値観

経済も活性化したフランスの「ブルムの実験」に学べ

2013年6月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、「なんでニッポン人は、そんな働かなきゃならないのか?」ってことについて、考えてみようと思う。

 先月、国連の社会権規約委員会が日本審査の最終所見を発表し、長時間労働などが原因の過労死・過労自殺について、「立法措置を含む新たな対策を講じるように」と、異例の勧告を行った。

 同委員会は、「多くの労働者が長時間労働に従事していることと、過労死や精神的なハラスメント(嫌がらせ)による自殺が職場で発生し続けていることを懸念する」とし、長時間労働の防止を強化することや、労働時間の制限に従わない場合は制裁を科すよう求めたうえで、「必要な場合は、職場におけるあらゆるハラスメントの禁止・防止を目的とした立法、規制を講じるよう勧告する」としている。

 社会権規約は世界人権宣言に基づく条約で、守るべき労働条件に「休息、余暇、労働時間の合理的な制限」などを明記。日本を含む締約国160カ国には、取り組みを国連に報告する義務があるため、日本政府は何らかの改善措置を迫られることになる。

 政府はちゃんと、長時間労働がなくなる“措置”をやってくれるのだろうか? 
 長時間労働を強いている企業は、この勧告をどう受け止めたのだろうか?

 ううむ、何となく表向きの措置だけが取られて、長時間労働や過労死が改善されることはない。そんな鬱屈とした気分になってしまうのはなぜなのだろう。

改善されているとは言い難い過労を巡る状況

 KAROUSHI──。

 「日本において働き過ぎが原因で、心身ともに消耗して死に至ること」と定義されるこの言葉が、英語辞書の最高峰と言われている「オックスフォード・イングリッシュ・ディクショナリー」に追加されたのは2002年、今から10年ほど前のことだ。

 数年前に比べると、過労死に関する記事も減り、小さな囲み記事程度の扱いになってしまっているが、登場回数が減ったからといって過労死が減っているわけではない。

 厚生労働省の統計によると、2011年度に脳や心臓の疾患などで死亡し、過労死として請求されたのは302件で、2003年の319件から改善されたとは言い難い(死亡者の請求数が記録されているのが2003年以降)。

 また、そのうち労災認定されたのは121件で、発症の直前6カ月間で過労死認定の基準となる月平均の時間外労働が80時間を超えたのは93件。長時間労働が課されている実態は、この数字からも明らかである。

 長時間労働は、平均化された数字の上では、確かに減ってはいる。

 政府目標として年間総実労働時間1800時間が掲げられた1988年と比べると、300時間ほど短くなり、1800時間前後で推移しているとされている(1980年代は2080時間程度)。しかし実際には、パート・アルバイトなど非正規社員の増加によるところが大きく、実態はとらえられていない。また、年齢、企業規模、職種によって、“長時間労働格差”なるものが広がっている。

コメント54件コメント/レビュー

現在では 勤務時間を増やしたドイツが成功し、 現状維持をしたフランス他が欧州危機となっている。その現実は見るべきです。(2013/07/26)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「人命よりも企業?!」 過労がなくならない日本の歪んだ価値観」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

現在では 勤務時間を増やしたドイツが成功し、 現状維持をしたフランス他が欧州危機となっている。その現実は見るべきです。(2013/07/26)

無駄な仕事で過労死が起こると本人、家族、会社の全てが不幸になる。仕事の質を計量するのが日本人は下手くそのように思える。いくら一生懸命に仕事をしても、その仕事の意味が小さければ、達成される結果の価値も小さい。やはり管理職と経営者に仕事を選ぶ能力が乏しいように思えて仕方がない。取りあえず出来そうなことを何でもやるのではなく、出来ないことと出来ても意味のなさそうなことを捨てるということができないと従業員は浮かばれない。(2013/06/25)

業務定義もあいまいで、大事なことは阿吽の呼吸と空気で決まります。つまり、「いつも会社にいること」が大事なのです。休みたいとか、早く帰りたい人は、「いらない」のです。いつ、何があるかわからない体制です、「月月火水木金金」でないと、何かのときに動きが遅れて他社に負けます。朝9時に出て終電近く、土曜は必ず出勤、日曜も時々、、くらいは当たり前でしょう。全員がこのくらい働かないとこれから労働人口の減る日本は成り立ちません。つい10年前はこれが当たり前だったのですから、、これからは高齢者もこういう働き方をしていただいて年金をなくし、生産性を追求して国を守るべきです。(2013/06/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

我々は10年先を占うことはできませんが、仮説を立てることはできるはずです。

中埜 和英 ミツカンホールディングス会長