• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「役員は報酬1億、万年ヒラは解雇?」 日本企業の歪んだ評価

終身雇用と年功序列は本当に“悪習”なのか?

2013年7月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 何だかホッとした。話を聞いていて、心がなぜか温まった。こんなふうに部下のことで苦悩している方に会ったのは、何年ぶりだろうか。

 年功序列――。今では終身雇用とセットで、「ニッポンの悪習」とまで言われるこの制度について、今回は考えてみようと思う。

 「私は今から36歳のときに課長になりました。最初の部下は5人。年上もいました。やっぱり苦労しましたよ。人を動かすってホントに難しいと思いましたし、何を言ってものれんに腕押しで、『なんで動いてくれない』とか、『意識が低い』とか、憤りを超えて恨みを感じるようなこともありました。でも、それ以上に初めて人を評価する、というポジションになったことが、結構ストレスでしたね」

 「で、今。当時、私が評価しなかった人たちって、実は会社が用意した評価基準に当てはまらなかっただけだったんじゃないかって、思うようになった。結果を出しにくいポジションもある。つまり、会社に必要な人たちなんじゃないかと。彼らがいるおかげで、回っている仕事って結構ある。多くは40以上の昇進もできていない、マンネンヒラの社員たちです」

 「今の部下の中にも、やはりどうしても評価基準に当てはめると、難しい人たちがいます。残念ながら、彼らの良いところを評価する項目がない。しかも悩ましいのが、例えば彼らをどうにかして、評価するとしましょう。すると、役職が上がるなどして、仕事内容が変わるわけです。そうなると、彼らはますます厳しい状況に置かれてしまうんじゃないかという危惧もあります。彼らは今のポジションでの仕事には合っているけど、役職が上がって仕事内容が変わると、うまくこなせなくなるんじゃないかって」

 「以前、部下に次々と抜かれて、マンネンヒラだった方が、役職が上がったことがありました。上司が心ある方で、彼を昇進させたんです。昇進すれば賃金も上がるので、良かったなと私も思いました。ところが、彼は昇進したポジションで求められる仕事をうまくこなせなかった。で、結局、いち早く早期退職者のリストに載ってしまったんです」

会社の評価基準に従うと評価できないことに苦悩

 話をしてくれた男性は、現在、44歳。課長になったときは、会社がそれまでの年功序列をやめて、成果主義に移行したときだったそうだ。

 それでも最初の頃は、成果主義と言いながらも、ある程度の年齢になると役職だけは上がり、賃金も上がっていた。だが、3年前からそういった制度もなくなり、目に見える成果を出さない限り、賃金は上がらない。それどころか減らされてしまうこともある。

 上司としては、どうにかしてあげたいという気持ちを持ちながらも、どうすることもできない自分に歯がゆさを感じていたのである。

コメント74

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「役員は報酬1億、万年ヒラは解雇?」 日本企業の歪んだ評価」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長