• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

統一球問題の影に隠れた日本プロ野球の真の病巣

職員1000人超のMLBと約60人のNPBのあまりに大きな違い

2013年7月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本野球機構(NPB)が統一球の規格を無断変更したとされる、いわゆる「統一球問題」で日本球界が揺れています。事実関係を調査する第三者委員会が設置される運びとなり、加藤良三コミッショナーの進退問題にまで発展しています。

 一方的に労働条件が変更されていたことに対し、日本プロ野球選手会は、NPBと第三者委員会に対して「統一球問題に関する当会の要望と見解」と題した5項目からなる要望書を提出しました。この問題を機に、NPBに組織改革を促す構えです。

 世論はメディアが報じるNPBの隠蔽体質や加藤コミッショナーの進退問題に大きく反応し、この問題で記者会見を行ってから2日間で4000件を超える抗議の電話やメールがNPBに殺到したそうです。一方で、読売ジャイアンツの渡辺恒雄会長は「コミッショナーの責任は関係ない」と発言したと報じられるなど、混沌とした様相を呈しています。

 しかし、今回の統一球問題は、NPBが抱える問題点の1つではありますが、多くの経営課題の本質的な原因はリーグ機構としてのNPBのガバナンス(意思決定プロセスや組織体制など)が老朽化し、今日のビジネス環境に適切に対応できなくなってきている点にあると考えます。ですから、今回の統一球問題だけをワイドショー的にやり玉に挙げて、解決すべき課題をコミッショナーの資質問題に矮小化すべきではないと思います。

 今回のコラムでは、日米のコミッショナーに与えられた権限やコミッショナー事務局の陣容を比較し、日本球界の発展のためにNPBのガバナンスという観点から何が必要なのかを考えてみようと思います。

コミッショナー制度誕生の歴史

 日本でコミッショナー制度が導入されたのは、セ・パ2リーグ制に移行した1950年の翌年、1951年シーズンからでした。一説には、戦後のプロ野球再開時に球団間の選手の引き抜きが過熱したため、球界の自治を促すために占領軍の指導によってメジャーリーグ(MLB)を参考に導入されたとも言われています。

 本家MLBでのコミッショナー制度は、日本より約30年早い1920年に誕生しています。1919年に起こったワールドシリーズでの八百長問題(いわゆる“ブラックソックス事件”)で球界浄化のための強力なリーダーが求められ、判事のケネソー・ランディス氏が初代コミッショナーに就任しました。

コメント12件コメント/レビュー

日本のスポーツ業界は余りにも権威主義的過ぎる。唯一Jリーグを除いて。特にプロ野球組織は正力時代の読売の体質が未だに残滓として残っています。それを引継いでいるのがジャーナリストの風上にも置けないNBTN氏。高校野球の朝日新聞との対抗意識しか感じられない。加藤Cも外務次官、米国大使まで歴任しながら、節操がない、潔さがない、野球道の元締めとして失格です。第三者委員会(別名責任転嫁委員とも言う)の意見を聞いた上でなんて、当事者能力が無いから第三者に任せるのでしょう。自分で判断して、自分で決めるのがスポーツ界の掟では?柔道も、教育委員会も皆判断を他人任せにする悪しき逃げ口上です。マスコミも仲間内だから内実を批評できない。69歳の野球を愛する老人(2013/07/10)

「鈴木友也の「米国スポーツビジネス最前線」」のバックナンバー

一覧

「統一球問題の影に隠れた日本プロ野球の真の病巣」の著者

鈴木 友也

鈴木 友也(すずき・ともや)

トランスインサイト代表

ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表。一橋大学法学部卒、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)出身。スポーツ経営学修士。中央大学非常勤講師

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本のスポーツ業界は余りにも権威主義的過ぎる。唯一Jリーグを除いて。特にプロ野球組織は正力時代の読売の体質が未だに残滓として残っています。それを引継いでいるのがジャーナリストの風上にも置けないNBTN氏。高校野球の朝日新聞との対抗意識しか感じられない。加藤Cも外務次官、米国大使まで歴任しながら、節操がない、潔さがない、野球道の元締めとして失格です。第三者委員会(別名責任転嫁委員とも言う)の意見を聞いた上でなんて、当事者能力が無いから第三者に任せるのでしょう。自分で判断して、自分で決めるのがスポーツ界の掟では?柔道も、教育委員会も皆判断を他人任せにする悪しき逃げ口上です。マスコミも仲間内だから内実を批評できない。69歳の野球を愛する老人(2013/07/10)

読売渡辺恒雄の傀儡。人気におぼれ旧態依然の体質。江川の空白の一日のようなことを平然と実行し、プロ野球全体のことなぞ考えにない読売。巨人さえ強ければプロ野球は成り立つと思ってはばからない。そんな渡辺の考えを疑問も持たず、ただ言いなりに動いているのが加藤コミッショナーで、野球界の恥さらし。プロ野球界の改革、発展のためには読売色のない公正な人材を登用すべきで、現加藤コミッスナーは早急に解任すべきだ。(2013/07/09)

 「受動的なリーダーシップ」という言葉にとても違和感を感じました。そもそもリーダーシップとは主体的・能動的に発揮するものだと思います。 今回の問題について個人的に一番気になったことは、コミッショナーが管理下の出来事を把握できていないことについて、「知らなかった」ですませようとしていたことです。これはリーダーとしては「ありえない」「あってはならない」出来事です。なぜ管理下の事象が上層に伝わらなかったのか、調査すべきです。 日米の比較以前に、なぜこの様な状況が許されてしまうのか、そして「受動的なリーダーシップ」という不思議な概念が提出されてしまうのか、そこをぜひ掘り下げていただきたく思います。 なぜかというと、この「受動的なリーダーシップ」が、日本企業の衰退の原因の一つではないかと感じているからであります。(2013/07/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長