• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

音楽ビジネスで「リアル体験」も変え始めたデジタル化の威力

音楽にとどまらないことを想定しビジネスモデルの変革に備えを

2013年8月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年の春ごろだったろうか、紅白歌合戦が完全にカラオケ音源化したという話を伺った。オペラで知られる作曲家の三枝成彰さんがスピーチの中で紹介しておられたのだが、これまでのフルバンドによる生演奏に代えて、昨年大みそかの紅白歌合戦の伴奏はすべてデジタル化されたカラオケによるものになったという。

 番組を見たときは気づかなかったのだが、この話、デジタル化の大波の中での「音楽の変質」を感じさせるものだ。

 NHKは、大河ドラマの音楽についても、オーケストラの生演奏をほぼ使わなくなったため、クラシック奏者にとっての重要な収入源がなくなってしまったとか。単純に生の演奏がカラオケになるだけでなく、カラオケ音源の大部分はサンプリングされたもので作られるため、演奏機会とそれに伴う収入が激減したことになる。

 三枝さんは、お話の中で、音楽のデジタル化の例として、初音ミクのライブコンサートについても触れておられた。スクリーン上に投影されたバーチャルアイドルが歌い、踊る、というコンサートだ。この動員力が、なかなかのものだ、というのもよく知られた話で、日本のみならず、香港・台湾・シンガポールなどでも開催されている。

 ご存じの方には、当たり前の話で恐縮だが、念のために説明しておくと、初音ミクというのはバーチャルアイドル。ボーカロイドとも言われる。クリプトン社のソフトを使って、ユーザー自身が初音ミクの歌う楽曲・映像を制作できる。ニコニコ動画を検索してみれば分かるが、ものすごい数の楽曲・映像がアップされている。その数、10万を超えるという説もあり、ユーザー作成の曲を集めたCDは何度もチャート上位に登場している。

音楽を巡る様々な事象を読み解くカギは「遊び」

 さて、こういった「音楽の変質」。これら以外にも、いろいろなことが起こっている。日本市場でもいよいよCD販売が大きく減少し始め、音楽ビジネスの収入源が、コンサートなどのライブ、そして、その場でのグッズ販売にシフトしつつある現象。

 AKB48のように、CDがアーチストへのアクセス権チケットとして買われ、アーチストとの握手会自体が大きな収入機会となる新しいビジネスモデル。あるいは、ゴールデンボンバーのようなボーカル以外は演奏をしないエア芸アーチストのメジャー化。

 こういった様々な事象を、「遊び」というキーコンセプトを軸に、すっきりと分からせてくれる評論を読む機会があった。文芸・音楽評論家の円堂都司昭氏が著した『ソーシャル化する音楽 「聴取」から「遊び」へ』(青土社)という本だ。

コメント3

「御立尚資の帰ってきた「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「音楽ビジネスで「リアル体験」も変え始めたデジタル化の威力」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCGシニア・パートナー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経て現在に至る。事業戦略、グループ経営、M&Aなどの戦略策定・実行支援、経営人材育成、組織能力向上などのプロジェクトを手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大量陳列、大量販売というのがある程度限界にきているのかなと思います。

松﨑 曉 良品計画社長