• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“会社の自殺”が進むこの国の愚行とANA正社員化の英断

非正規という雇用形態がもたらした損失の計り知れない大きさ

2013年9月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「社員さん」――。

 これまで契約社員など非正規社員の方たちにインタビューした際に気づいたのだが、彼らは、正社員の人たちのことをこう呼ぶことが多い。

 「残業はあるんですか?」

 「いえ、私は契約なのでありません。でも、社員さんたちは月末になると結構、やらされていますね」

 「正社員はどれくらいの割合なんですか?」

 「以前は半々くらいだったんですけど、今はヒラは全員契約で、社員さんは管理職だけです」

 「社食とか、非正規の方たちも正社員と同じように使えるんですか?」

 「はい、使えます。でも、社員さんの方が安い値段で食べられますね」

 こうした具合だ。

非正規は「社員」ではない?

 「みなさん契約の方は、 “社員さん”って呼ぶんですか?」と聞けば、「え? ああ~……。そ、そうですね。あまり意識しないで使っていたんで。あぁ、でもそうですね。正社員の人だけが参加する会議とかもあるし。そういうときとか、“社員さんだけだって”なんて使い方、普通にしているかな」と答える。

 正社員は、「社員さん」。ならば、非正規社員は、「社員」ではないということなのか?

 総務省が8月13日に公表した労働力調査の結果によると、今年4~6月期平均の非正規労働者数は前年同期比106万人増の1881万人で、統計を取り始めた2002年以降で最多。雇用者総数は過去4番目の水準に増えたが、正社員雇用は53万人減った。

 同じく総務省が7月に発表した「平成24年(2012年)就業構造基本調査」の結果によれば、非正規社員の比率は、38.2%と過去最大を更新し、20年でほぼ倍増していた。

 安倍晋三首相は、「順調に景気は上がっている」と強調し、その象徴として雇用の増加を挙げるが、雇用は増えても、“社員さん”は、減り続けているのだ。

コメント31

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「“会社の自殺”が進むこの国の愚行とANA正社員化の英断」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長