• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「希望を持てた?」 五輪開催に浮かれる人に感じた“距離”

真の希望を教えてくれた佐藤真海選手の言葉

2013年9月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「希望をつくることができた」
 「希望を持つことができた」
 「希望の明かりが灯った」

 あちらこちらで踊る“希望”の文字。

 「15万人の雇用を創出」
 「3兆円の経済効果」(東京都試算)
 「95兆円の経済効果、国土強靱化計画も進めば総額150兆円」(大和証券)
 「0.5ポイントアップのGDP成長で、4兆2000億円」

 様々なところが算出する“数字”のオンパレード。

 東京での開催が決まった五輪が行われる7年後の2020年、私たちはどうなっているのか? 私たちは何をしているのだろうか? はたまたニッポンはどうなっているのか?

 そんなあんなで今回は、「7年後の希望」について、考えてみようと思う。

朗報のはずなのになぜかザラつく気持ち

 とテーマを設定してはみたものの、どうもうまく書ける自信がいつも以上にない。なぜなら、私は今の空気に、少々戸惑っているからだ。

 つまり、この原稿は「よし、希望がわいたぞ! 雇用が増えるぞ! 景気が上向くぞ! ワッショイ、ワッショイ!」というトーンには、多分ならない。日本中が歓喜に満ちている中で冷めた感じで申し訳ないのだが、そんな気分に私はない。

 もちろん東京でオリンピック・パラリンピックが開催されるのは、純粋にうれしい。一流のアスリートたちのプレーをこの目で見たい。一生に一回あるかないかの貴重な機会を、勝ち取ってきてくださった招致団の方たちには心から感謝している。

 ここに至るまでにはいろいろとご苦労があっただろし、もし招致に失敗したら「ホラ、言ったことか。税金の無駄遣いだ!」とたたかれまくるリスクは、前回の招致以上にあったはずだ。

 加えて、「ビジネスチャンス到来!」と、過剰なまでにボルテージを上げている人があっちこっちにいることも、それはそれで歓迎すべきことである。

 少なくとも株価のチャートとにらめっこし、一喜一憂しているときとは全く違う。「この波に乗って、何かやってやるで!」と行動に移す人が増えれば、日本の空気にも活気が出る。

 それに、「アンダーコントロール」という安倍晋三首相の発言に対してネガティブな意見もあるが、一国のリーダーが世界と“約束”した以上、これまで遅々として進まなかった福島の原発問題、被災地の復興に、政府が今までよりもきちんと取り組んでくれるものと、個人的には信じてもいる。

コメント41

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「希望を持てた?」 五輪開催に浮かれる人に感じた“距離”」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長