• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「半分以上は“マンネンヒラ”?!」 管理職厳選時代で得られるモノ

全員が同僚という米国の会社が見せた成果

2013年9月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 管理職に就けないとやる気が失せる?

 それとも、管理職に就けないと賃金が上がらないから、やる気が失せる?

 あるいは、両方?!

 こうした疑問を抱いた報道が、先日あった。

 厚生労働省の調査によると、50歳を過ぎても、課長や部長といった管理職に就いていない人の割合が55%と半数を超え、この20年間で8.9ポイント増えた――。

 こんな内容を、NHKがニュース番組で報道したのだ。

 ちょっと前には「昇進させないのは気の毒」とばかりに、部下のいない管理職という、摩訶不思議なポジションを設ける会社が少なくなかった。そのポジションでさえなくなったということなのか?

 確かに、私がこれまでインタビューさせていただいた方の中にも、「以前は、ある年齢になれば試験を受ければ、誰もが管理職になれた。でも、最近は厳選されているから厳しい・マンネンヒラはきついですよね」とこぼす人たちもいた。

 大学時代の友人は「絶対落ちない」とされていた管理職試験の最終面接で落とされ、「出世したいとかあまり思ったことなかったけど、落とされるとそれはそれでショックなんだよなぁ」とへこんでいたこともあった。

 いずれにしても、年功序列の崩壊を具体的な数字で示され、改めて今までの働き方が期待できなくなったことがクローズアップされたのだ。

 そこで今回は、「管理職厳選の時代」について考えてみようと思う。

「50歳を過ぎて管理職になれないと意欲が失せる」

 まずは報道された内容から紹介します。

 番組によれば、4年制大学を卒業した男性社員のうち50歳から54歳で、課長や部長といった管理職に就いていない人は55%と半数を超え、係長などの役職も全くない人は34%と、3人に1人の割合になっているそうだ。

 また、管理職ではない人の割合は年々増加していて、20年前に比べると8.9ポイント増加し、管理職の月給は役職のない社員のおよそ1.3倍ある。

 さらに番組では、「人件費の抑制や組織のスリム化で管理職を減らす企業が相次ぎ、昇進が厳しくなっている。社員が仕事への意欲を失うおそれがあり、企業にとっては大きな課題だ」というコンサルタント会社、日本マンパワーの片山繁載取締役のコメントも紹介し、その課題打開に取り組んでいる企業を紹介していた。

 いかなる報道にも、それを伝えるディレクターの視点があるものだが、恐らくこのミニ特集を構成したディレクターは、「えっ!!半分以上もマンネンヒラかよ。それってやる気が失せるよなぁ」という点にあったのだと思う。少なくとも私にはそう思えた。

コメント33

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「半分以上は“マンネンヒラ”?!」 管理職厳選時代で得られるモノ」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長