• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“リンガフランカ”英語の我流学習法

改めて考える「英語を学ぶ」ということ(その2)

2013年11月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前々回からの続きで、「『戦える英語』を身につける」というシリーズの2回目。

 英語を学ぶ方法論の前に、はっきりしておいた方がいいのは、典型的な日本人ビジネスパーソンにとって「英語環境における仕事の中で戦う」ために必要な能力・スキルとはどのようなものか、ということだろう。

英語環境で仕事をするために必要な3種類の能力

 いろいろ挙げていけばきりがないのだけれど、私自身は、多くの業種・仕事に共通して必要なのは、3種類の能力だと思っている。まずは、リンガフランカ、すなわち複数国籍の人々の共通言語としての一般的英語運用能力。2番目は、議論し、交渉し、人や組織を動かしていくために必要な論理力と、その背後にある日本語とは異なる思考プロセス。最後の3番目は、異文化マネジメント力だ。

 面白いことに、1番目のリンガフランカたる英語の運用能力だけでなく、2番目・3番目も英語を学ぶことで強化することができる能力だ。

 英語をある程度勉強し、「自ら英語で発信する」ことを迫られると、英語の論理構造とそれにつながる思考プロセスが、母語たる日本語とは異なることに気づかされる。

 我々コンサルタントの場合、英語(あるいは独語、仏語)で高等教育を受けてきた人間と、典型的な日本での高等教育を受けた人間とを比べると、コンサルタント生活の最初の1~2年は、正直いやになるほど論理力に差がある。厳しい論理構造を言葉自体が要求する言語で高等教育を受ける、ということは、論理力を強化するトレーニングを受け続けるということと同義だからだろう。

 日本語は「行間」や感情の襞(ひだ)、といった部分の表現に適した言語であるものの、論理的にはかなり緩いまま、話し・書くことが許されてしまう言語であるようだ。

 英語を学ぶことに時間を費やすのであれば、「同時に論理力を鍛える」というつもりで勉強しないと、せっかくの勉強の効果が薄まってしまうことになる。

 一方、英語の世界に触れることは、英米語圏を中心とした文化や生活常識を知るということでもある。世界に多々ある自らと異なる文化との付き合いの入り口、すなわち異文化マネジメントの初期段階の学びにもなるということだ。

コメント2

「御立尚資の帰ってきた「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「“リンガフランカ”英語の我流学習法」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCGシニア・パートナー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経て現在に至る。事業戦略、グループ経営、M&Aなどの戦略策定・実行支援、経営人材育成、組織能力向上などのプロジェクトを手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長