• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

英語コミュニケーション力を高める2つの切り口

改めて考える「英語を学ぶ」ということ(その3)

2013年11月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 さて、今回は英語を論理的に書く・話す、という話と、オーラル・コミュニケーションの話をしてみたい。

 「英語は、日本語よりも論理性を要求する言葉なので、論理的に書き、話せないと、本当には通じない」

 「英語で話すときは、まず結論をシンプルに。その後、その理由を述べていくのがよい」

 こういった意見を目にしたり、耳にしたりした方も多いだろう。

 英語で何とか仕事をしてきた1人としては、どれも、まさにその通り、と思うのだが、典型的日本人にとっては、どうやってそこに到達するかが問題だ。

英語のコミュニケーション力を構成する2つの能力

 少し因数分解してみると、上記のような英語コミュニケーション上の力は、(1)英語に即した論理構造を構築する能力」(2)「ぼんやりしたイメージを、端的な言葉に結晶化する能力」──の2つから成り立っている。

 自分自身の経験や、仕事の上で後輩を教えた経験に基づいた考え方に過ぎないけれど、英語を学びながら「日本語でこれら2つの能力を高めていく」という日英両方からのアプローチが、最も効果的なのではないかと感じている。

 実際にやってみると、日本語での知的能力を高めるという作業が、ある段階から英語の運用能力を高めることに、自然とつながっていく、という感覚だ。英語を徹底的に鍛えることだけでも、これらの能力は高め得るのだけれど、日本で教育を受けたノンネイティブにとっては、日本語で新しい能力をつけ始める方がよほど楽だし、スピードも速いように思える。

 まずは、論理構築能力から。

 ビジネスの場で使われるような英語の論理構造は、いわゆる「ピラミッド構造」になっている。結論を頂点に、それを支えるデータや論理が、何段階かのレベルにわたって積み上げられている、という形式だ。

 私自身、駆け出しのコンサルタントの頃、日本語・英語それぞれについて論理の緩さを何度も突き付けられ、必死になって身につけようとした経験がある。その際に役立ったのは、欧米言語における論理構造について、詳しく解説してくれる、バーバラ・ミント著『考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則』(ダイヤモンド社)という書籍だった。

コメント1

「御立尚資の帰ってきた「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「英語コミュニケーション力を高める2つの切り口」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCGシニア・パートナー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経て現在に至る。事業戦略、グループ経営、M&Aなどの戦略策定・実行支援、経営人材育成、組織能力向上などのプロジェクトを手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長