• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

徳洲会マネーで考えた“権力肥大”の負のスパイラル

権力は悪? “権力者への依存度が高い組織”が「裸の王様」生む

2013年12月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 あまりにわからないことが多すぎて、この“事件”に触れるのは賢明ではないのかもしれない。けれど、ちょっとだけサワリに使わせていただきます。

 権力とカネ。ん? カネと権力。いや、どっちが先でもいい。

 はい。そうです。「まだ、そんなことがやられているのかい?」と、ため息しか出なかった、例の“たまたま事件”だ。「たまたま相手が貸すと言ったので、たまたま借りただけ。たまたま返すのが遅れただけ」で、最後は、「借用書がたまたま出てきた」。オッと、失礼。これは、たまたまじゃあないですね。おそらくきっと……。

 いずれにしても、私が興味を持ったのは、記者会見の時の眉毛が妙に気になった猪瀬都知事ではない。

 「正しい目的のためには、どのような手段でも正当化される」を信条とする、医療法人徳洲会グループの前理事長、徳田虎雄氏である。

 今さら私が書くまでもないかもしれないが、徳田氏はもともとは医者だ。奄美諸島・徳之島の貧しい農家で少年時代を過ごし、医療もままならない環境で弟を亡くしたことで医師を目指し、若干34歳で「徳田病院」を大阪府松原市に開業した。

 しかし、過疎地や離島への医療の充実を図るためには、政治改革が必要と政界へ進出。1983年から衆議院選挙に出馬し、現職議員の保岡興治を相手に、「保徳戦争」とも呼ばれた札束が飛び交う選挙戦を繰り広げ、2回の落選後、ようやく1990年に初当選した。

 そんな徳田氏が、10年以上前に行われたインタビューで、興味深いことを言っている。

 「医者というのは手段であり過程。政治家だって、経営者だって同じ。私は、人間として生きている。生まれてから死ぬまで、人間として勝負をしないといけない。人間は他の動物と違う。弱者のためにいかに役だつかが他の動物との違いなんだ。例えば、四人家族で、一人が病気になると三人が看病する。もし自分だけがよければいいじゃないかって考えて、三人が旅行にでも行って帰ってきたら病気のやつが死んでいたとしたら、他の人はこういう。『お前ら、人間じゃない』って。やっぱり人間っていうのは、弱いもの、困っているものの為に全力投球して始めて人間なんだ」

 「なんのために戦うかわかるか? 命もいらん、何もいらん、金もいらんという基準で戦うんだ。西郷隆盛は、命もいらん、地位もいらん、金もいらんやつほど始末に困るが、そういう困る奴じゃないと国家の大義はなしえないと言った。徳田虎雄のことは、みんな始末に困っている。なぜなら、命もいらん、金もいらん、何もいらんという基準だからだ。そういう基準で戦わないといかん」

 私がこのインタビューを知ったのは、鳩山さんが普天間移設問題で、徳田氏に協力を求めたとの報道があり、そのことについてテレビや雑誌がこぞって特集を組んでいるときだった。

コメント29件コメント/レビュー

長年働いてきて、権力志向は圧倒的に男性が強いと感じる。権力志向を持つ女性もいるが、男性の権力志向は強くて執拗。人によっては、姑息。初めは、改革のため、なんて言っているが、結局のところは少しでも上に行きたいだけ。権力志向は見え見えなのに、正論を言ったりする。男の多くはどうしようもないバカな生き物だと思うことにしている。だから、男の権力心を論じても無意味。猪瀬さんは石原さん潰しに巻き込まれたのか、端に思慮・警戒心が足りなかったのか、憐れに思える。(2013/12/06)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「徳洲会マネーで考えた“権力肥大”の負のスパイラル」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

長年働いてきて、権力志向は圧倒的に男性が強いと感じる。権力志向を持つ女性もいるが、男性の権力志向は強くて執拗。人によっては、姑息。初めは、改革のため、なんて言っているが、結局のところは少しでも上に行きたいだけ。権力志向は見え見えなのに、正論を言ったりする。男の多くはどうしようもないバカな生き物だと思うことにしている。だから、男の権力心を論じても無意味。猪瀬さんは石原さん潰しに巻き込まれたのか、端に思慮・警戒心が足りなかったのか、憐れに思える。(2013/12/06)

その後の続報を聞くにつれ、徳田氏側の有する権力は正当な手続きによって承認を受けたものではない可能性が非常に高い。限りなく黒に近いグレーである。社会との関わり方を提案するこのコラムで、真剣に取り上げるには相応しくない対象ではないか?徳洲会の内幕を徹底的に暴く、というテーマなら取り上げる価値はあるのだが。(2013/12/04)

権力は目的を達成するのに必要な力であり、権力者に期待するものは利益の配分である。権力者が権力に溺れるパターンは2種類。1つめは権力者自身の支配欲や自己利益確保のために権力を手放せなくなるワンマン経営型。2つめは支持者のために利益分配しなければ権力を剥奪されてしまう利益誘導型。ワンマン経営型は悪くすると暴君と成り、利益誘導型は権力行使の目的を忘れ変質させる。利益誘導型で言いたいのは自分に利益をもたらすかどうかのみで判断する支持者が権力者を変質させている可能性についてだ。取り巻きが悪いとろくな権力者にならないのはこのためだ。権力者は自己の欲望に溺れることなく目的を達成し、支持者には利益不利益のバランスを取りながらまとめることが必要なのだ。(2013/12/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

国際交渉では、自国のことをよく知っていることが強みになります。

行天 豊雄 国際通貨研究所名誉顧問