• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「医療・介護」という成長分野のカギとなる「二兎戦略」

ビッグデータ活用で「経営品質」と「サービス品質」の両立を

2013年12月16日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 あちらを立てれば、こちらが立たないという二律背反の状況には、日々のビジネスの場で、案外頻繁にお目にかかる。製品の機能と品質を極めていくと、コストが上がり、競争力のある価格で提供できなくなる、研究開発スタッフの専門性を高めていくと、専門領域間の隙間に落ちるテーマがかえって増えてしまう、といった話だ。

 しかし、本当に大きな価値を生む戦略は、二律背反を越えて、二兎を追うことに成功しているケースが多い。

 部品メーカーの納入価格をたたくだけでなく、彼らの生産性向上を支援して、バリューチェーン全体の生産性向上と最終製品の競争力向上に成功してきた日本の自動車メーカー。

 あるいは、手作りの要素が強かった時計産業に、クオーツというイノベーションを持ち込み、正確性という品質と大幅なコストダウン、そして規模産業化を成し遂げた過去の日本の時計メーカー。

 どちらも、ハイエンドブランド領域でのシェアアップに苦労してはいるものの、一世を風靡した戦略であることは間違いない。

「医療・介護」は成長が見込める数少ない市場

 この「二兎を追う」戦略、これからの日本の医療・介護分野に最も必要なことではないかと考えている。ビッグデータ時代のデータ蓄積・活用を通じて、二兎を追う。これが、医療・介護分野の生産性を上げ、ひいては雇用と賃金の増加をもたらすカギである。

 言うまでもなく、高齢化の進展と医療の高度化が組み合わさって、日本の医療費は増加し続けている。介護も対象者の増加が続き、需要増の継続が見込まれている。団塊の世代の方々が、60代後半に差し掛かり、今後10年程度は医療需要が大幅に増加し、その後10年程度は介護需要がピークになるという見方も根強い。

 別の角度から見れば、人口減傾向にある日本の中で、これらの領域は中期的に成長が見込まれる数少ない市場だとも言えよう。

 医療・介護分野については、社会保障費の増加を食い止めるという制度論からの議論が盛んに行われている。もちろん、これは国としての最重要論点の1つだが、産業論・経営論から見ると、医療・福祉サービス提供の現場をより良くしていく、という視点が不足しがちだ。

 ビジネスの場に身を置く立場からすると、ここにこそ、成長戦略につながる大きなチャンスが存在すると思えてならない。

コメント4

「御立尚資の帰ってきた「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「「医療・介護」という成長分野のカギとなる「二兎戦略」」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCG シニア・アドバイザー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経てボストン コンサルティング グループ(BCG)に入社。BCG日本代表、グローバル経営会議メンバー等を歴任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官