• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アメリカから見たポスティング制度とTPPの共通点

日本とは全く異なる景色と、その背景にある政治的駆け引き

2013年12月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米メジャーリーグへの移籍が実現するかどうかが注目されている田中将大選手(写真:ロイター/アフロ)

 日本プロ野球機構(NPB)と米メジャーリーグ機構(MLB)との間で協議されていた新ポスティング制度が米国時間16日に正式合意されました。今オフは、開幕24連勝という前人未到の新記録を達成して日本一に輝いた楽天ゴールデンイーグルスの田中将大選手が同制度を用いてMLB移籍を希望していると伝えられていることもあり、日本では多くのメディアが交渉経過を詳細に報道していました。

 日本では、野球ファンに限らず多くの日本国民がその動きに一喜一憂していたようです。しかし、意外かもしれませんがこの件は米国ではほとんど話題になっていません。もちろん、関係者の間では田中選手のポスティング移籍は、このオフの選手補強の大きな話題の1つですが、利害関係者を超えた範囲での注目度は皆無と言ってもよいでしょう。

 この日米でのニュースバリューのギャップには、ちょっとした既視感がありました。これはTPP(環太平洋経済連携協定)を巡る日米の報道格差とそっくりなのです。

 日本では、「米国とのTPP交渉は越年か?」「MLBとのポスティング交渉は週明けにも合意か?」などと大きくに報じられていたようですが、米国では朝晩のテレビのニュースを見ても、「TPP」も「ポスティング」も出てきません。マンハッタンのタイムズスクエアで100人のアメリカ人にインタビューしてみても、大半の人から「TPPって何?」「ポスティング制度って何?」と聞き返されるのがオチでしょう。

 TPPを語るのに私は適任ではありませんから、それについては田村耕太郎さんの「TPPが米国の陰謀だなんてあり得ない~米国内でも賛否分かれる超マイナー政策」などをご覧いただくとして、今回は、米国球界においてポスティング制度がどのような位置づけで見られているのかをご紹介しようと思います。両者に共通するのは、田村さんも記事の中で言及されていますが、「日本がアメリカについていろいろと思うほど、アメリカは日本について思ってはいない」という点です。

2012年末に破棄されていたポスティング制度

 ポスティング制度については、その設立経緯や仕組みなどに精通されてない方も多いと思いますので、一度整理してみます。

 一昔前まで日本人選手がMLBに行ってプレーするなどという発想そのものがありませんでした。その既成概念を覆したのが、野茂英雄氏でした。野茂氏は近鉄バファローズを1994年に任意引退すると、事実上日本人初のフリーエージェント選手として翌年ロサンゼルス・ドジャースに入団します。その後の活躍は皆さんご存じの通りです。彼の活躍に後押しされ、その後多くの日本人トップ選手が海を渡ることになります。

 伊良部秀輝氏もそんな日本人選手の1人でした。同氏は、千葉ロッテマリーンズからサンディエゴ・パドレスを交えた三角トレードという形で1997年にニューヨーク・ヤンキースに移籍します。しかし、この移籍が他球団から槍玉に上がりました。「伊良部選手のようなトップ日本人選手の移籍が特定球団だけに持ちかけられるのはフェアでない」という批判が沸き起こったのです。

コメント0

「鈴木友也の「米国スポーツビジネス最前線」」のバックナンバー

一覧

「アメリカから見たポスティング制度とTPPの共通点」の著者

鈴木 友也

鈴木 友也(すずき・ともや)

トランスインサイト代表

ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表。一橋大学法学部卒、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)出身。スポーツ経営学修士。中央大学非常勤講師

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大量陳列、大量販売というのがある程度限界にきているのかなと思います。

松﨑 曉 良品計画社長