• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「オッサンを撲滅せよ!?」 群れる掟が産み出すストレス

「自分でコントロールする自由」を持とう!

2013年12月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今夜はイブ。イブが終われば、大みそか。またもや、一年が終わってしまう。毎年のことだが、年末はやたらと忙しく、あわただしい。

 などと「あっという間」「あわただしい」といったお決まりの文句を並べながら、この時期はコラムを書くことになる。

 はい、そうです。2013年最後の更新。というわけで、今年インタビューにご協力いただいたり、取材させていただいた、たくさんの方たちのことを振り返りながらテーマを選びました。

 脱Time Macho=脱“オッ様”――。これが今回テーマです。

 Time Machoとは、アン・マリー・スローター米プリンストン大学教授が、「家庭とキャリアの両立を阻む男社会の壁」を論じる際に使った言葉で、「長時間労働を美徳とする社会」というニュアンスを含んだ表現である(参考コラム:「女性はすべてを手に入れられない!」―Time machoの不毛と本当の幸福)。

 「マッチョ」という単語は通常、男らしさを示すので、私はその皮肉めいたニュアンスがえらく気に入っている。

 しかしながら、日本の場合はマッチョというより、オジサン。
 オジサンというより、オッサン。
 オッサンも、ちょっとばかり気が引けるので、“オッ様”。

 要するに、日本の企業に根深く残る、オッ様的働き方への疑問を、多くの人たちが抱いている。そう、感じることの多い一年だったのである。

  • なぜ、有給休暇を取るのにあれこれ言われる?
  • なぜ、育児休暇を取るのにイヤな顔をされる?
  • なぜ、上司よりも先に帰ると嫌味を言われる?
  • なぜ、これだけネット環境が整っているのに、自宅勤務が許されない?

 これって、何かおかしいっしょ?

 そんな不満を漏らす声を、あちこちで耳にした。

 私自身、オッ様的思想や働き方に納得できず、そういった内容のコラムを幾度となく書いた。女性活用という名のもと、「女性もリーダーにならなきゃダメ」「育児とキャリアを両立しなきゃダメ」「子どももちゃんと産まなきゃダメ」のダメダメ尽くしに、「これって、女たちもオッ様になれってことじゃん。そんな働き方、誰が求めてるんだ」と辟易した。

 まぁ、私の場合は組織にいるわけじゃないので大したストレスにはならなかったけど、企業に勤める人たちにとっては、ズシリと重たくのしかかる。

コメント31件コメント/レビュー

いつも楽しく読ませていただいています。この手の話題には賛否あり、面白いですね。いつも思うのは、・日本のホワイトカラーの労働生産性は低く、長時間労働をよしとする風土のため改善されていない。(ブルーカラーは高いと思います)・しかし反面、日本の労働制度は正社員にはやさしく、欧米のように簡単に解雇されない。・簡単に首にできないことを利用して、鈍感力を鍛え、生き残るべし。短時間で仕事もできればカッコよし!ただし旧態依然の経営の会社なら長時間労働しないと出世はない。(幹部がみんな長時間労働経験者だもん)でしょうか。しぶとく生きましょう。(2013/12/29)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「オッサンを撲滅せよ!?」 群れる掟が産み出すストレス」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いつも楽しく読ませていただいています。この手の話題には賛否あり、面白いですね。いつも思うのは、・日本のホワイトカラーの労働生産性は低く、長時間労働をよしとする風土のため改善されていない。(ブルーカラーは高いと思います)・しかし反面、日本の労働制度は正社員にはやさしく、欧米のように簡単に解雇されない。・簡単に首にできないことを利用して、鈍感力を鍛え、生き残るべし。短時間で仕事もできればカッコよし!ただし旧態依然の経営の会社なら長時間労働しないと出世はない。(幹部がみんな長時間労働経験者だもん)でしょうか。しぶとく生きましょう。(2013/12/29)

いつも批判的に記事をみさせてもらってます(笑)今回は理想論ではありますが同意に近いかな(笑)本文中にあった”とても、楽しそうに。ときに、しんどそうに。”が仕事と向き合う姿勢として大切なんだと思います。よく例にあげられる”定時になったら子供の迎えがあるから帰るという女性社員”や”あくまでも私用を優先して有給をとりまくる社員”このような人は、それがワークとライフのバランスだから当然の権利と主張するのだと思いますが、それってやっぱり仕事を軽くみているんじゃないかなと。どうしてもその日にやるべきミッションがあればときには子供は二の次、プロジェクトの大事な時期であれば私用は二の次、そこを判断できてバランスすることがホントのワークライフバランスなんだろうと思います。これができない会社は、今の時代にあっていないのでブラックなんでしょうね。(2013/12/25)

「オッ様」のすべてが「有給取るの?」「寿退社しないの?」なのでしょうか?すべてとは言わないまでもアンケート調査で90%の「オッ様」がそう回答しているなら「すべて」と見なしてもいいでしょうが、50-60%だとしたら残りの40-50%は異なる意見を持っているのでは?女性の働き方でも寿退社もキャリア志向も「あり」じゃないですか?あるいは典型的「オッ様」志向の比率が5年前と最近でどう変わっているのか、等々実態が分かる分析が無いと筆者の論点自体がステレオタイプに思えてしまいます。「オッ様」も子供の教育費や親の介護、会社の将来性の有無など5-10年前と同じ方向とは言えないと思いますよ。(2013/12/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授