• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お荷物“エルダー”社員を生み出す、“バカ”になれない40代

ジャンプ葛西選手の“進化”がミドルの心を揺さぶるワケ

2014年2月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「うちの会社では役職定年になったら、支店に異動になる。なので55になったら、自動的に地方に転勤です。賃金は、今の7割くらいになってしまいますけど、とりあえず60まではそのままいられる。“エルダーさん”っていうんですよ。表向きは、『年上の社員に、敬意をこめた呼び名』ってことになってるんですけど、なんか……ですよね」

 エルダーさん――。

 大手金融関連企業に勤めるこの男性の会社では、役職定年になった社員を、こう呼ぶのだという。
「昨日まで部長だったんだから、今さら〇〇さんとは呼べないしなぁ」
「シニアスタッフって呼ぶ会社は多いみたいだけど……」
「シニアより、エルダーのほうがいいんじゃね?」
「んじゃ、敬意も込めてエルダーさん?」

 そんな会話があったかどうかは知らないけれども、要は、「あなたは、現役ではありません」と言いたいだけ。しょっぱなから、つっかかり気味で申し訳ない。

 “エルダーさん”なんて、線引きされた途端、 「若いみなさん。お世話になって、どうもすみませんね~。でもね、私だって今までがんばってきたんですよ。ガッハッハ」 なんて気分にさせられるネーミングだ。

 「ホント、切ない呼ばれ方ですよ。私も数年後にはエルダーさんです。でも、ホントにそれでいいのか? って思うようになりまして。オリンピックで、41歳になってもあきらめずに飛び続けている葛西選手に、感動しちゃったんです。だって、金メダル目指して、4年後も頑張るっていうじゃないですか。すっごい精神力ですよ。あんな風に、進化していけたらいいなぁって。アハハ。なんかいい年こいて、私も単純ですね」

 いろんなドラマと感動があったオリンピック。 十数年前には、原田選手のジャンプに、多くのビジネスマンのお父さんが感動したが、今回は、この男性のように葛西選手と自分の人生とクロスさせ、ちょっとばかり刺激された方も多かったに違いない。

 「葛西選手、かっけ~。自分もあんな風に、進化したい」と。

 そこで今回は、その“オリンピック熱”が冷めないうちに、「進化する力」について、あれこれ考えてみようと思う。

コメント23

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「お荷物“エルダー”社員を生み出す、“バカ”になれない40代」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏