• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

靖国神社は「宗教」ではない。

上田紀行・東京工業大学教授と「宗教を考える」その5

2014年4月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回から読む

池上:高度成長期に、自分の人生や存在価値の全てを「会社」に預ける。日本は伝統的宗教を事実上放棄して、効率、成長を教典とするいわば「会社教」一本に頼った。これが日本の唯一の社会システムでした。しかし、システムは必ずいつか破綻する。

上田 紀行(うえだ・のりゆき)
文化人類学者。1958年生まれ。東京大学教養学部文化人類学科卒業、同大学院博士課程修了。愛媛大学助教授を経て東工大へ。「癒し」という言葉を日本に広め、日本社会の閉塞性の打破を、新聞、テレビ等でも説く。近年は沈滞する日本仏教の再生運動にも関わり、ダライ・ラマとの対談も出版。東工大では学生からの授業評価が全学1位となり、東工大教育賞最優秀賞を受賞。著書『生きる意味』(岩波新書)は2006年度大学入試出題数第1位の著作となる。その他、『生きる覚悟』(角川SSC新書)、『「肩の荷」をおろして生きる』(PHP新書)、『ダライ・ラマとの対話』(講談社文庫)など著書多数。(写真:大槻純一、以下同)

 調子が悪くなったシステムの典型が、日本の高度経済モデルだったわけですね。もはや機能しないし、アベノミクスでちょっと景気が回復した程度でも、高度成長が復活することはまずあり得ない。にもかかわらず、日本では、宗教も含め、「もう1つの線」が復活しない。どうなってしまうのでしょう。

上田:非常に社会が危うくなります。いま、ものすごく短絡的なナショナリズムの声が大きくなっていますよね。あれは、単線化したまま、機能不全を起こした日本社会の病状のひとつだと思います。

池上:いわゆるネトウヨの台頭や、中国や韓国などに対するメディアから個人までの物言いが常軌を逸していたり。「余所の国に文句を言われる筋合いはない」というような雰囲気は、今、強く感じますね。

上田:2013年12月末、突然行われた安倍晋三総理の靖国参拝も同じ匂いがします。この問題を語るには、「靖国神社は果たして宗教施設なのか」ということをきちんと見ておかないといけません。

安倍首相は「宗教施設」だと思っていない

上田:まず、靖国というのは、比較的新しい神社です。

池上:明治2年、1869年に明治政府によって作られました。当時の名称は東京招魂社でした。明治維新の際、戦って亡くなった政府軍の軍人の霊を祭るためにできた施設です。

上田:そう、もともとは幕末から明治維新にかけての戦闘で亡くなった政府側の軍人を慰霊するための施設で、それがあとから神社に改称されたという非常に特殊な存在です。その後、日本が戦争を行うたびに戦死した軍人を祀る神社となった。第二次世界大戦のときには「靖国で会おう」と言葉を交わして亡くなった軍人がかなりいたと聞いています。

池上 彰(いけがみ・あきら)
ジャーナリスト。1950年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。社会部記者として経験を積んだ後、報道局記者主幹に。94年4月から11年間「週刊こどもニュース」のお父さん役として、様々なニュースを解説して人気に。2005年3月NHKを退局、フリージャーナリストとして、テレビ、新聞、雑誌、書籍など幅広いメディアで活躍中。2012年4月より、東京工業大学リベラルアーツセンター教授として東工大生に「教養」を教える。主な著書に『伝える力』(PHPビジネス新書)、『知らないと恥をかく世界の大問題』(角川SSC新書)、『そうだったのか! 現代史』(集英社)など多数。

池上:日露戦争以来、戦争で死んだ軍人は靖国に祀られて「英霊」となる、ということになりました。

上田:死んだら誰もが神様になる。靖国神社では、お国のために死んだ軍人たちは誰しもが英霊になる。戦後連合国による極東裁判でA級戦犯として死刑になった人たちも合祀されているのは、誰しもが英霊になる、という靖国の原則に従っているわけで、その点で靖国神社はぶれていません。もちろん、「それはおかしいのではないか、日本を勝てない戦争に追いやって、戦後処罰された人間を祀るのは変じゃないか」と批判する人も一方でいるわけです。

池上:その通りですね。で、今回の安倍首相の公式参拝をどうとらえますか。

上田:さて、安倍首相が靖国神社に参拝しました。首相という立場で、お国のために死んだ人たちがみな祀られている宗教施設へ参拝する。これがどういうことを意味するのか。

池上:上田先生の読み解きが聞きたいです。

上田:僕が考えるに、安倍総理は、そもそも靖国参拝を宗教行為だと思っていないんですよ。靖国神社そのものを宗教施設だとも思っていない。

池上彰の教養のススメ』発売開始!
池上彰の教養のススメ』発売開始!

 この連載を書籍化した『池上彰の教養のススメ』が発売になりました。2012年、池上彰さんが東京工業大学のリベラルアーツセンターの教授に就任して2年。以来、同僚である哲学者の桑子敏雄先生、文化人類学者の上田紀行先生、生物学者の本川達雄先生と一緒に、「教養」について考え抜いた本です。

 「教養」なんて役に立たない。英語だのITだのすぐに役立つ実学が大事だ!といわれて久しい――。でも、時代の変革期に「本当に役に立つ」のは、新しいものを生み出すのは、むしろ「教養」の力です。これを読んで、皆さんもどうぞ「教養にまみれて」ください。

コメント35件コメント/レビュー

最後の結論が、結局日本は葬式宗教だと認めているようで残念です。▽以前は靖国神社に首相が参拝すると、政教分離に反するという批判が必ずありましたが、最近はありませんね。他国の批判は内政干渉だと思いますが、国内的にはこの政教分離についてきっちり議論して結論を出すべきだと思います。個人的には小渕さんが目指したように非宗教の施設を作るのがよいかと思います。アメリカのアーリントンのようにすれば少なくともアメリカが不愉快だということはなくなります。▽戦局が悪化したのに戦争をとめなかった人達に、恩給を出すことに私は納得していません。それは記事中にあるように負けた責任者なのに責任を取っていないからです。特に生き残った高級軍人達に恩給を今でも出しています。これは許しがたい行為です。しかし、そこを批判するメディアはありませんね。インターネットで批判しているような最近の人は実情を知らないのが理由な気がします。マスコミが批判しないのはなぜだかよく分かりません。(2014/04/16)

「池上彰の「学問のススメ」」のバックナンバー

一覧

「靖国神社は「宗教」ではない。」の著者

池上 彰

池上 彰(いけがみ・あきら)

ジャーナリスト

1950年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。報道局主幹を経て、2005年3月よりフリージャーナリストとして活躍中。2012年4月から東京工業大学で東工大生に「教養」を教えている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

最後の結論が、結局日本は葬式宗教だと認めているようで残念です。▽以前は靖国神社に首相が参拝すると、政教分離に反するという批判が必ずありましたが、最近はありませんね。他国の批判は内政干渉だと思いますが、国内的にはこの政教分離についてきっちり議論して結論を出すべきだと思います。個人的には小渕さんが目指したように非宗教の施設を作るのがよいかと思います。アメリカのアーリントンのようにすれば少なくともアメリカが不愉快だということはなくなります。▽戦局が悪化したのに戦争をとめなかった人達に、恩給を出すことに私は納得していません。それは記事中にあるように負けた責任者なのに責任を取っていないからです。特に生き残った高級軍人達に恩給を今でも出しています。これは許しがたい行為です。しかし、そこを批判するメディアはありませんね。インターネットで批判しているような最近の人は実情を知らないのが理由な気がします。マスコミが批判しないのはなぜだかよく分かりません。(2014/04/16)

靖国神社は一宗教法人の宗教施設です。そこに公式参拝するのが間違いです。先祖のお墓参りのように、私的参拝なら文句を言われる筋合いはありませんが、A級戦犯がそこに居るから問題があります。例えば、ドイツでヒトラーの所に’お国のために戦って亡くなった人’と言ってドイツの首相(政治家)が参拝したら大問題になるでしょう。また、A級戦犯が合祀された後、天皇陛下は靖国神社に行ってません。合祀される前は行ってました。(2014/04/16)

■本気で日本の戦争責任を誰に負わせるかと言われたら行きつく先は「やんごとなきお方」になるわけで。(大日本帝国はやんごとないお方の主権国家でしたし)もし「万系一世」の家系を日本人の手で断絶してたら多少は諸外国の日本を見る目は変わってたかも。ヒトラー1人に全責任を負わせたドイツと責任の所在を玉虫色にしてる日本との違いでしょうか■「死んだら誰でも(どんな悪人でも)仏様」という日本人の思考と「死んでも絶対に許さずに骨の髄まで憎む」というユダヤや中韓の思考は相いれないでしょうね。そういえば「忘年会」とか「年忘れ」という言葉の意味が外国人は理解できないという話を何かの本で読んだ記憶があります。(2014/04/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長