• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“がん宣告”を受けた女性課長を脅す「上司の偏見」

がんにかかっても、働き方さえ工夫すれば共存できる

2014年3月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日本人の2人に1人はがんにかかる

 そんな中、先日、厚生労働省から、「全国で32万5千人の人たちが、がん治療を受けながら働いている」と発表があった。日本人の2人に1人ががんにかかるとされ、そのうちの半数近くは、現役で働いている世代だ。

 しかしながら、治療と仕事の両立は、極めて厳しい。4人に1人が、依願退職や解雇、自営業の廃業といったかたちで失職。周りの人たちの、がんに対する理解不足による“まなざし”に苦しみ、退職を余儀なくされる人が後を絶たないのである。

 「多くの方に事実を知っていただき、偏見がなくなればいいなと思います」――。

 前述の女性はそうこぼした。この一言は、彼女の心の悲鳴なんだと思う。

 そこで今回は、ガン宣告を受けた、女性とのやり取りを書きますので、どうか他人事とは思わず、一緒に考えていただければ幸いです。

「会社に言わなくても何とかなる」って思ってました

 まず、この女性の状況からお話しておきましょう。

 彼女は某システム関係の会社に勤めていて、3年前に課長になった。もともと女性の少ない会社だったこともあり、女性管理職は彼女も含め3人しかいない。従業員1000人以上いる会社で、わずか3人だ。

 ただ、30代の女性社員は増えているため、「今後は管理職になる女性も増えると思う」とのことだった。

 そんな女性管理職のパイオニア的存在でもある彼女が、想像もしていなかった出来事に遭遇してしまったのである。

 「検診で乳がんが見つかったんです。あまりに突然で、ちょっとびっくりしちゃったんですけど、早期発見ということもあり、最初は軽く考えていました。放射線治療も週に何回か『通院するだけ』というので、会社に言わなくとも、なんとかなるかなって思ったんです」

 「会社を休職して、治療に専念することはできないんですか?」

 私はつい、そんな質問をしてしまった。いかなる病気であっても、無用なストレスを抱えないように体調を整えたほうがいい。なので、できることなら仕事から離れ、治療に専念したほうがいいと思ったのである。

コメント46

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「“がん宣告”を受けた女性課長を脅す「上司の偏見」」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長