• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“がん宣告”を受けた女性課長を脅す「上司の偏見」

がんにかかっても、働き方さえ工夫すれば共存できる

2014年3月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント46件コメント/レビュー

自営業で癌が見つかったらと想像すると、会社で白い目で見られようが休める方が幸せだと思う。(2014/03/10)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「“がん宣告”を受けた女性課長を脅す「上司の偏見」」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自営業で癌が見つかったらと想像すると、会社で白い目で見られようが休める方が幸せだと思う。(2014/03/10)

親戚が癌になった時は、あっという間に治療が終わり、元気にしています。癌の種類や進行状況にも寄ると思いますが、癌は治療が大変だと誤解されて外されたのだとしたら残念なことだと思います。しかし、ポストが開くのを虎視眈々と狙っている人が居れば、「20年以上走り続けてきて、たった数カ月、ゆっくり歩くことを認めてもらえなかった。」という事は病気等の理由に関係なく起こるように思います。(2014/03/06)

情けないですね。周囲の人々の対応や反応が。病気なんて癌だけでなく人が生きていくうちに必ず起きるものです。他人にもそして自分にも。そのような云わば普遍的な出来事さえも拒絶する組織があるのでしょうか? 会社という組織がそんなに特別な存在なのでしょうか? おかしくなってしまった日本の社会は。 誰もが家庭から会社に通い、家庭とは次元の異なる活動を会社で行い、そしてまた家庭に帰る。 この歴然とした現実の中で何が大切なのかその意味さえも解らない連中が会社を特別化していること自体が問題でしょう。 はやく日本人達は目覚めないと、一般のサラリーマン職業組織も、公務員組織も、学校も病院も何故存在しているのかさえも語れなくなってしまう。人間としての根源から積み重ねる社会価値観がコアに無くして 何のために生きようか! 男にも女性にも職場は共同して経済活動を逞しくしていく義務があるだけでむしろ共通して人生を刻んでいく場所であるものだとむしろ力を抜いて考えるべきでしょう。癌を患った人に、気を付けて、何をすればよい?と考える事さえできない人間の集まりなら、そんな組織こそ社会に存在する意味もない。非常に腹ただしい愚かな事ですね。(2014/03/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授