“がん宣告”を受けた女性課長を脅す「上司の偏見」

がんにかかっても、働き方さえ工夫すれば共存できる

 今回は、「コラムで取り上げるべき話題だ」と思いながらも、「どう、取り上げればいいのか?」との気持ちから、なかなか書けなかったことを書こうと思う。

 45歳。女性。管理職。未婚。部下あり。子供なし――。

 そんな1人のワーキングウーマンのフィールドインタビューを終えようとした間際、彼女がボソッっと切り出した。

 「実は私、乳がんが見つかってしまって。来週、やっと手術なんです」

 なんと彼女は、私のインタビューを受けるふた月前に、乳がんの宣告を受けていたのである。彼女が、「やっと……」と語ったのは、患者が多く、手術をするにも、治療をするにも、“待たされた”から。

 「乳がんの患者さんって、ものすごく増えているみたいで。河合さんも、検診、マメにうけてくださいね」

 彼女自身、不安なはずなのに……。そう彼女は私を気遣ったのである。

 私事ではあるが、私の母も乳がんを患っている。かなり昔。まだ私が中学生のとき、母は乳がんになり全摘出している。

 だが、幸い再発することもなく、元気に暮らしている。乳がんだったことを忘れてしまうほどに、だ。実に元気に。思い出す瞬間といえば、温泉に一緒に行ったり、放射線治療の跡が見えない服を選ぶときくらいだ。

 なので、乳がん告知を不安がる彼女に対し、

 「大丈夫。心配しなくて大丈夫。私の母も手術したけど、全然元気だから」と励ました。

 が、その一方で、同年代の彼女の告白に、戸惑った。

 「もし、自分だったら……」

 そう思うと、なんとも言葉にしがたい感情に襲われたのだ。

 感情が割れているときというのは、上手いこと原稿が書けない。書いているうちに、感情があっちこっちに揺れて、伝えたいことがゴチャゴチャになる。だから、書けないまま時間が過ぎていたのである。

バックナンバー

著者プロフィール

河合 薫

河合 薫

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

0%

まあ参考になった
 

0%

参考にならなかった
 

0%

ぜひ読むべき
 

0%

読んだほうがよい
 

0%

どちらでもよい
 

0%

いただいたコメントコメント46件

自営業で癌が見つかったらと想像すると、会社で白い目で見られようが休める方が幸せだと思う。(2014/03/10)

親戚が癌になった時は、あっという間に治療が終わり、元気にしています。癌の種類や進行状況にも寄ると思いますが、癌は治療が大変だと誤解されて外されたのだとしたら残念なことだと思います。しかし、ポストが開くのを虎視眈々と狙っている人が居れば、「20年以上走り続けてきて、たった数カ月、ゆっくり歩くことを認めてもらえなかった。」という事は病気等の理由に関係なく起こるように思います。(2014/03/06)

情けないですね。周囲の人々の対応や反応が。病気なんて癌だけでなく人が生きていくうちに必ず起きるものです。他人にもそして自分にも。そのような云わば普遍的な出来事さえも拒絶する組織があるのでしょうか? 会社という組織がそんなに特別な存在なのでしょうか? おかしくなってしまった日本の社会は。 誰もが家庭から会社に通い、家庭とは次元の異なる活動を会社で行い、そしてまた家庭に帰る。 この歴然とした現実の中で何が大切なのかその意味さえも解らない連中が会社を特別化していること自体が問題でしょう。 はやく日本人達は目覚めないと、一般のサラリーマン職業組織も、公務員組織も、学校も病院も何故存在しているのかさえも語れなくなってしまう。人間としての根源から積み重ねる社会価値観がコアに無くして 何のために生きようか! 男にも女性にも職場は共同して経済活動を逞しくしていく義務があるだけでむしろ共通して人生を刻んでいく場所であるものだとむしろ力を抜いて考えるべきでしょう。癌を患った人に、気を付けて、何をすればよい?と考える事さえできない人間の集まりなら、そんな組織こそ社会に存在する意味もない。非常に腹ただしい愚かな事ですね。(2014/03/05)

コメント(46件)を読む/書く