• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ジャッジできない俺は無能?」正解を強要する“A型上司”の罠

小保方博士の報道に見る“オトナ”になれない日本社会

2014年3月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 さっさとジャッジできないのはいけないこと、ダメなこと――。そう考えるリーダーは、実に多い。

 「あわぁぁ~、あの……いつも、そんなにまくしたてているのでしょうか? た、多分そこに御社の問題の根元があるのでは……」

 と突っ込みたくなるほど、スピーディなジャッジにこだわるトップに、先日もお目にかかった。

 競争が激化すればするほど、性急に白黒つけて、はっきりしたくなる。遅いよりも早いほうがいいだろうし、白か黒か、はっきりしたほうがすっきりもする。

 でも、世の中、そんなに白黒つけられることばかりじゃないわけで……。無駄だと思われているものが実は大切なものだったり、非効率なほうが思いもよらない産物につながったりすることもある。

 急いで白黒つけることで、失われているもののほうが多いのでないか? そんな気持ちになることが、最近多い。

 というか、私自身がちょっとウンザリ気味なのだ。すぐに、「白か黒か」とケリをつけたがるリーダーたちに……。いや、正確には、世の中の風潮に、といったほうがいいかもしれない……。

 そうなのだ。過剰なまでに、「白と黒=ポジティブとネガティブ」の対立軸で物事にジャッジを下すことがどうにもスッキリしない。なんだかとんでもなく、それが息苦しい。

 そこで、今回は、「白と黒」について考えてみようと思う。

社員にスピード決断を迫るモーレツ社長に唖然

 「何ごともスピード感を持って、決断と実行ができなきゃ。日本人の曖昧さは、企業にとって命取りです。もっと迅速に、決断していかないとダメ。今後、ますます当社を取り巻く状況は厳しくなるから、結果が出ないもの、無駄なものはどんどん廃止しなきゃダメ。そうしないと生き残れません」

 「なので、私はいつも社員には、白黒を早急に見極めて、必要なものにはどんどん投資しろって言ってるんだけどね。これが、どうも社員に伝わらないみたいで。のんびりしてるんだよね。ホラ、昔あったでしょ。ファジーって? それじゃダメなんだけどね」

 「アナタもいつだったから、書いてましたよね? 社員と顔と顔を突き合わせて、話す時間をトップは大事にしなきゃダメだって。私も社員の意見を聞くように心掛けているし、そういった場をいくつも設けている。でも、意見が出ない。ダメだね~。たまに出たとしても、発想が貧困だし、改革精神に乏しい。危機感がない」

 「やっぱり内向きなんですかね。これからは外にどんどん目を向けて、チャレンジしていかなきゃダメなんだけどね。まっ、そういうわけなので、社員にちょっとアナタからも発破かけてくださいな。私はちょっとこのあと用事がありますんで、せっかくのお話を聞けないんですけど。よろしくお願いしますね」

 これは先日、講演会に呼んでくださった会社の社長さんが、控室にご挨拶に来たときに話してくださったこと。

 数々の業績をあげ、鳴り物入りで親会社からやってきたという、この社長さん。彼は、ここには書ききれなかったほどの、「ダメ」「ダメ」「ダメ」を連発し、「僕はね、時間に追われていて忙しいんだよ」と言わんばかりの早足で、とっとと出て行ってしまったのである。

 メチャクチャすごかった。というか、正直、唖然とした。

コメント48

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「ジャッジできない俺は無能?」正解を強要する“A型上司”の罠」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長