• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

グローバル化でKAROUSHI 急増! 社員を壊す“加速の罠”

自殺を“個人の問題”に矮小化してはいけない

2014年3月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 

 「毎月、1人はいますよ。『今、樹海です』って、電話かけてくる社員が……。あ、すみません。毎月はちょっと大げさな言い方ですね。でも、それくらい多い、という感じがしているんです」

 こんな衝撃的な話をしてくれたのは、某大企業の健康管理室に勤める女性である。

自殺者数は交通事故死者数の7倍

 一日、平均75人――。これは昨年、自殺した方の人数である。2013年の自殺者数は、2年続けて3万人を下回り、2万7283人となった(警察庁と内閣府による確定値)。

 だが、減少幅は前年の9.1%から2.1%に低下し、交通事故死者数の約7倍、自殺率は米国の2倍、英国の3倍となっている。

 自殺の原因や動機では「健康問題」が1万3680人と最も多く、次いで「経済・生活問題」の4636人、「家庭問題」の3930人と続く。「経済・生活問題」を理由に自殺した人は前年より583人減って最も大きく減少しており、内閣府では「最近の経済状況の改善が大きな要因ではないか」と分析している。

 しかしながら、大抵の場合、死に至る原因は1つではない。3~5つほどの危機要因が存在し、それらが複雑に絡み合った結果、追い詰められる。

 働き世代の場合には、職場環境の悪化や職場の人間関係、パワハラなどが引き金となり、過労や生活苦に陥り、うつ病などの精神疾患につながるケースが多い。また、NPO法人ライフリンクの調査によれば、死に至るまでの期間は5年程度とされている。

 そういえは、今から4年前、「お父さん、眠れてますか?」と書かれたチラシ入りのティッシュが、新橋の駅前のビジネスマンたちに配られたことがあった。「眠れてますか?」というフレーズは、自殺者の多くがうつ病を事前に発症し、眠れないことが、うつのサイン、であることから考えられた。

「眠れないときには、うつ病の疑いを」
「眠れないほど悩んでいるときには、相談を」

 そんな思いを込めて、当時、内閣府特命担当大臣だった福島瑞穂さんが、自殺対策強化月間(3月)の政府キャンペーンを行ったのだ。

 眠る時間すらとれない長時間労働を強いられたり、頭から仕事が離れず、睡眠不足に喘いでいる“うつ予備軍”、言い方を変えれば“過労自殺”予備軍の人たちへのメッセージだったのである。

 で、今回。

 「あなたと話したい人がいます」「だれかとはなすと安心する」というメッセージを、内閣府は打ち出した。

 国民1人ひとりが悩んでいる人に気付き、声を掛け、話を聞いて、必要な支援をし、共に支え合う社会を目指そう! と、いうことらしい。

 「自分のことを気にかけてくれる人」がたった1人でもいれば、ちょっとだけ安心できる。大人であれ、子どもであれ、誰1人として、喜んで死を選んだりしない。「あの人に話してみよう」といった顔の見えるつながりや、「どうした?」と一声かけてくれる人の存在は、ストレスの雨の傘となる。なので、今回のメッセージも、自殺予防にとても重要ではある。

コメント21件コメント/レビュー

30代前半男性です。<スピード重視が自体が見直されることはないでしょうね>確かにそうなんでしょうけど、人生の一生をスピード重視で行き続けることが幸せと感じる人、どれくらいいるんでしょう??会社の従業員から経営者まで切羽詰まる。投資家だってそのスピードに右往左往する・・・。なんかなーって感じてしまいます。ただ、<著者の主張もグローバル化に必死に適応する社員に銃弾を浴びせている>と解釈される方がいることにはビックリしました。(2014/03/18)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「グローバル化でKAROUSHI 急増! 社員を壊す“加速の罠”」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

30代前半男性です。<スピード重視が自体が見直されることはないでしょうね>確かにそうなんでしょうけど、人生の一生をスピード重視で行き続けることが幸せと感じる人、どれくらいいるんでしょう??会社の従業員から経営者まで切羽詰まる。投資家だってそのスピードに右往左往する・・・。なんかなーって感じてしまいます。ただ、<著者の主張もグローバル化に必死に適応する社員に銃弾を浴びせている>と解釈される方がいることにはビックリしました。(2014/03/18)

ウツになってしまって戦線離脱してしまった社員の代わりに新しいメンバを入れ替えてしまってないだろうか。次々とメンバを入れ替えた結果の売り上げが一番になってもそれは会社の利益になっているのだろうか。脱落してしまっても新しいメンバをいれないか、あるいは、社員の入れ替えコストをそのチームに積むなどのペナルティを設ければ改善できるはず。ウツになってしまって療養したり、その後退職した場合の採用コストはけして低くないはず。チーム運営とウツ発症の因果関係が高いことはある程度正当性があるので十分にルールとして通用するし、結果として会社全体の利益最大化につながるだろう。(2014/03/18)

現状が-グローバル経済の速度>人間の適正速度-であれば、今から-自分の適正速度=グローバル経済の速度-まで引き上げればいいだけでは?個人の自覚と意識の問題でしょう。個人で環境を変えることはできないので、環境=世界の流れが加速していくのなら、個人がその環境に適応するのが最も正しい生物の形でしょう。人間以外の動物もそうして発展、衰退を繰り返してきたのです。できない人が落伍するのはまぁ仕方ない、それが原因で一時的に社会が混乱することはあっても、人類そのものが絶滅する可能性はなさそうなので自然の潮流に任せておけばよろしい。皆で力を合わせて環境を変えることも一つの手ではありますが、うつ病になってからではそのエネルギーもないでしょうから、自分は適応できないかな?と不安なら早めに行動を起こすべきですね。加油!!(2014/03/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授