• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

行き過ぎた“小保方さんバッシング”と女性活用の“闇”

女性はいまだにショーケースの展示品か?

2014年3月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 なんとも言葉にしがたい、憤りを感じている。完全に超えてはいけない“一線”を越えている。露骨すぎる。

 マスコミも世間も、怖い。本当に怖い。結局、行きつくところはここなのか? そんな思いでいっぱいである。先週、発売された週刊誌の内容は、とにもかくにもひどかった。

 小保方さんに関する、バッシング報道である。

 いったいこの報道にどんな意味があるのか?

 持ち上げられた人が落ちていく様は、そんなに面白いですか?

 安全地帯から石を投げるようなことをして、満足ですか?

 ときにマスコミは、人間の中に潜む闇の感情を引き出す“悪の装置”と化す。と同時に、世間の人たちの“闇”を匿名化し、消費させる都合のいい装置でもある。

 要するに、下劣なのはマスコミだけじゃない。

 フェイスブックやツイッターなどでも、悪趣味なジョークが飛び交っていた。本人たちは、ブラックジョークのつもりなのだろうけど、完全にアウトだ。

 と書きながらも、おそらく私の中にも“闇”は存在しているのだと思う。だから余計に怖いのである。

 いずれにして、不適切と不正は分けて考えなきゃいけない。現段階では、論文内容に不適切な部分は確認されているが、不正かどうかは調査継続中と、理化学研究所は発表している。

 もし、仮に、だ。仮に不正があったとしても、あそこまで小保方さんを追い詰められるほど、世の中の人は清廉潔白なのか。

 少なくとも私には、「私は潔白です!」と言い切る自信はない。「いつ、どこで」と明確に答えられるような不正をしたわけじゃないけど、小さなインチキはあったと思う。

 おそらく、今、この状況で、この問題に触れることはあまり賢明ではないだろう。でも、書きます。

 取り上げる理由は、あの1月29日の発表から今日に至るまで、今回の問題の背後には、「トークン」としての「女性」のプラスとマイナスの両方が顕著に含まれていて、それが今回の行きすぎたバッシングにまでつながった、そう思えてならないからだ。

 トークンとは、「目につきやすいもの、目立つもの」を意味し、少数派やマイノリティはトークンになりやすい。トークンは、社会や組織の中では、「珍しい存在」であるがゆえに、見せもの的な立場に置かれ、ときにさまざまなプレッシャーを経験する。その状態から引き起こされるさまざまな現象を、トークニズムという。

 もし、小保方さんが女性じゃなかったら……。

 おそらくここまで、卑劣な報道にはならなかった。

 いや、それ以前に、小保方さんが30歳という若さで、ユニットリーダーになることもなかったかもしれない。

 1月29日のマスコミ向けの、ちょっとだけ華やかな記者発表もなかったかもしれないし、マスコミ報道がここまで加熱することにもならなかっただろうし、世界中の研究者たちが、ネイチャーに掲載された論文を、ここまであら探しすることもなかったに違いない。

コメント89件コメント/レビュー

今後STAP細胞の存在が証明されることと、彼女がデータの捏造等で不正を働いていたことは厳しく分けるべきことであって、科学的事実の立証とその人物の風評は、あくまで別の話です。また、性別絡みの好奇の眼差しに晒されるようなことを(割烹着姿だの何だので)本人から進んで撒き散らしていたようなところがあったので、それ故に突っ込まれている訳です。厳しい言い方をすれば自業自得と言うか、そこまで大袈裟な言い方をせずとも、何だか世間知らずのお嬢様がはしゃぐだけはしゃいで、今になって脇の甘さを付かれているという感じ・・ジェンダーが原因でのバッシングは、そのオマケみたいのものに過ぎないと思います。(2014/04/01)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「行き過ぎた“小保方さんバッシング”と女性活用の“闇”」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今後STAP細胞の存在が証明されることと、彼女がデータの捏造等で不正を働いていたことは厳しく分けるべきことであって、科学的事実の立証とその人物の風評は、あくまで別の話です。また、性別絡みの好奇の眼差しに晒されるようなことを(割烹着姿だの何だので)本人から進んで撒き散らしていたようなところがあったので、それ故に突っ込まれている訳です。厳しい言い方をすれば自業自得と言うか、そこまで大袈裟な言い方をせずとも、何だか世間知らずのお嬢様がはしゃぐだけはしゃいで、今になって脇の甘さを付かれているという感じ・・ジェンダーが原因でのバッシングは、そのオマケみたいのものに過ぎないと思います。(2014/04/01)

今、叩いてる人達は、STAP細胞の存在が証明された場合の事は考えないんですかね?証明されたら論文のコピペとかの話はすっ飛んでしまうと思うのですが。結論が出るまで軽々に騒ぐべきではないです。(2014/03/31)

コピペの問題はささいなことです。もし、本当にこの研究が正しかったら、ですが。。。。しかし、もしこの研究が不正なものであったなら、「彼女は昔から不正をしていた」と叩かれるのも当然でしょう。(2014/03/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長