• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「いい質問ですねえ」と言わせたら勝ちです

パックンと考える「伝える」ということ【後】

2014年5月1日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回から読む

(写真:大槻 純一、以下同)

パックン:コミュニケーションって、相手があってのものだから、ひとつのマニュアルで済ませることはできないんですよね。たとえば、自己主張だってコミュニケーションのひとつなんですが、東工大で学生たちを教えていてつくづく思うんだけど、みんなものすごく謙虚。謙虚すぎる。東工大、すごいだろ、って話をしないんですよね。

池上:たぶん、自慢に聞こえちゃうと思っているんじゃないかな。

パックン
本名パトリック・ハーラン。1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年に吉田眞とパックンマックンを結成。日米お笑いコンビのパイオニア。情報番組「ジャスト」(TBS)、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)などにもレギュラー出演。2012年に東京工業大学、非常勤講師に就任。2014月4月には講義内容をまとめた『ツカむ!話術』(角川テーマone21)に刊行。公式サイトはこちら

パックン:でも、東工大のいいところは、ちゃんと主張したほうがいい。でないと、相手には伝わりませんから。

池上:その点、パックン先生は東工大の講義のあいだじゅう、「えー、僕はハーバード出身だから」と繰り返していますよね(笑)

パックン:え、なんで知ってるんですか?

池上:今日、こっそり潜り込んで後ろで授業聞いていたから。

パックン:そりゃそうですよ。(声色を変えて誇らしげに)「ハーバードですから」

池上:パックンが「ハーバード」を東工大生の前で連呼するのは、東工大生ならばハーバードのスゴさがわかる、と踏んでいるからですよね。

パックン:その通りです。「ハーバード」という肩書きにエトス(信頼感)がある場所で連呼するから、意味がある。ハーバード出身であることが、発言に信頼性や信憑性を持たせられる。つまりハーバード卒というのが、僕にとっては、見知らぬ人に話を聞いてもらうための資格の一つなんですね。これはテレビやラジオに出るときも本を出すときにも、機能する。だからもういっそ、パトリック・ハーランをパトリック・ハーバードに改名しようかと思うくらいで…。

技術力にもコミュニケーションが必要だ

池上:一方で、「ハーバード」を連呼するのが自慢に聞こえてしまうと逆効果になります。その点、パックンは「ハーバード」卒を過剰に連呼することで、ギャグにしながら、信頼を得ている。

パックン:謙遜しながら、自慢をする、という高度なテクニック!

池上:そもそも、パックンはなぜ、東工大の学生に対して「コミュニケーションと国際関係」という講義をしようと思ったんですか?

パックン:何を言っているんですか! 池上先生が「何か授業をしませんか」と僕を誘ってくれたんでしょう。

池上:最初にパックンを推したのは、私が所属する東工大リベラルアーツセンターのセンター長である、桑子敏雄教授です。「パックンなんかどうでしょう?」と。で、番組共演者である私が電話をすることに。

パックン:ええ、そうだったんですか。(会場に桑子先生の姿を探して)どうも、ありがとうございました。でも、池上先生から「東工大で、教えてみませんか」と電話をいただいたときには、何を教えるかはまったく決まっていなかったわけです。

池上:そうでしたね。

パックン:池上先生と雑談しているうちに、東工大はなんと8割の学生が「コミュ障」を自称している、という事実にぶつかりまして、ここを攻めよう、と思ったのが「コミュニケーションと国際関係」という講義を始めるきっかけになりました。

コメント0

「池上彰の「学問のススメ」」のバックナンバー

一覧

「「いい質問ですねえ」と言わせたら勝ちです」の著者

池上 彰

池上 彰(いけがみ・あきら)

ジャーナリスト

1950年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。報道局主幹を経て、2005年3月よりフリージャーナリストとして活躍中。2012年4月から東京工業大学で東工大生に「教養」を教えている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

片瀬 京子

片瀬 京子(かたせ・きょうこ)

フリーライター

1972年生まれ。東京都出身。98年に大学院を修了後、出版社に入社。雑誌編集部に勤務の後、2009年からフリー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック