• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニッポンの製造業から消えた400万人労働者の行方

「高まる女性の労働参加率」の裏側

2014年5月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 女性の年齢別の労働参加率のデータ形状にみられる、いわゆる「M字カーブ現象」の緩和に伴い、女性の就業率が上昇していることは、近年、広く認識されているようだ。一方で、そうした「女性の進出が加速中」といった労働市場全体でみた傾向とは、いささか異なる分野が存在する。

 製造業に絞って就業者に占める女性比率をみると、過去20年間以上、一貫して低下傾向にある(図1)。実際に、確かに解消しつつある(マクロの)M字カーブに対して、製造業では、女性労働者は、絶対数でみても比率でみても、ともに減少・低下傾向を辿ってきた。このグラフが示す事実は、あまり知られていないのではないだろうか。

図1: 製造業の女性比率

 製造業において、女性比率が長期間にわたって低下の一途を辿ってきたという事実は、実は、日本の労働市場全体が、過去20年間に経験した大きな変貌の一端を映じたものと言える。以下では、日本の労働市場が、1990年代以降、現在にいたるまで、ゆっくりとその姿を変えてきたことを、複数の統計を用いて、明らかにしていきたい。その際、①女性、②新卒就職と転職市場、③賃金構造の3点に特にフォーカスを当てて、特徴を浮き彫りにしていく。

労働者400万人の部門間移動

 日本の就業者数の総数は、1995年以降、概ね6400万人前後で安定的に推移してきた。しかし、製造業・非製造業という部門別労働者数に着目し、就業構造の構成の変化をみると、大きなモメンタムが働いていたことが分かる。

 すなわち、90年代以降、製造業は400万人以上の雇用を削減し続けており、数字の上では、この400万人は、ほぼ全員が非製造業に吸収されたという姿となっている(図2)。このような大規模な労働力の部門間移動は、どのようにして生じたのか、その背景を考えることは経済学的見地からも、政策実務的見地からもインプリケーションを持つ。

図2: 製造業と非製造業の雇用者数

コメント5件コメント/レビュー

どこへ買い物にいっても中国製ばかりで日本製を探すのに苦労します。製造業は壊滅の印象です。日本人の賃金が13億の中国人の給料に限りなく近ずいて給料下落は止まると10年ぐらい前にこの欄で何度か読みました。男子の給料は製造業衰退とともに他職種も下落して当たり前です。女子も働かなくてはならなくなっても業種は限られているのが現状でしょう。(2014/05/11)

「「気鋭の論点」」のバックナンバー

一覧

「ニッポンの製造業から消えた400万人労働者の行方」の著者

加藤 涼

加藤 涼(かとう・りょう)

日銀調査統計局企画役

1973年生まれ。96年、東京大学経済学部卒、日本銀行入行。調査統計局経済調査課、国際局国際調査課、IMF(国際通貨基金)政策企画審査局エコノミストなどを経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

どこへ買い物にいっても中国製ばかりで日本製を探すのに苦労します。製造業は壊滅の印象です。日本人の賃金が13億の中国人の給料に限りなく近ずいて給料下落は止まると10年ぐらい前にこの欄で何度か読みました。男子の給料は製造業衰退とともに他職種も下落して当たり前です。女子も働かなくてはならなくなっても業種は限られているのが現状でしょう。(2014/05/11)

名目賃金の下方硬直性を端的に示している図4は必見。そして、雇用を護るために名目賃金を下げたのがデフレの原因とする説に対する、有力な反例の一つとなっている(もう一つの有力な反例として、デフレの始まりとともに労働時間減少や失業率上昇が起きており雇用が守れていなかったことがある。)(2014/05/09)

20年前はまだメーカーが就職先として人気が非常に高かったが、出身大学による差別だけでなく、「男性のみ」「女性は自宅通勤のみ」といった制限を公にしていた時代である。その時代、メーカーに就職できる女性というのは重要取引先の部長のお嬢さんに限られていたため、嫁入り前に内勤業務を触らせる程度であった。時折活躍されている女性を取り上げた記事を見かけるが、優秀すぎて足元にすら及ばないといった印象をうけており、記事で先に述べたような採用活動が行われていた時代に採用された女性で道を切り開く人を見つけるのがいかに困難か再認識した。(2014/05/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長