• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「職場より家庭がストレス?」 最新研究の驚くべき結果

働き方だけでなく、新しい家族のあり方も考えたい

2014年6月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「家庭より、職場の方が、ストレスがない?」――。

 こんな衝撃的な研究結果が、先日、米ペンシルベニア州立大学の研究チームにより明らかにされた。ストレスホルモンと呼ばれる“コルチゾール”が、家庭にいる時の方が恒常的にかなり多く分泌されていたのである。しかも、この傾向は、

・性別
・婚姻の有無
・子どもの有無
・職務満足感の高低

に関係なく認められ、さらに、より多くの女性が、「家庭にいるときより、職場にいるときのほうが、ハッピーな気持ちだわぁ~」と答えたのだ。

 「マジ?」と、疑いたくなるこの論文は、タイム誌でも取り上げられ、アメリカで議論を巻き起こしている。

 ちなみに、論文が掲載されたのは、Social Science & MedicineのArticles in Press(すでに受理され、校正が終わり次第掲載されるもの。ジャーナルのHPで閲覧可能)。Social Science & Medicineとは、1967年創設の学術誌で、人類学、経済学、地理、心理学、社会学、疫学の視点から、健康の社会科学研究、社会の政策、社会学と医療業務、政策などを扱う世界的にも権威ある国際ジャーナル。私も大学院の頃からずっと、多くの知見をこのジャーナルから学ばせてもらっている。

「それってアメリカ人だけの話なんじゃない? 僕は断然、会社の方がストレス」と、真っ向から異を唱えた人もいれば、

「わかるわぁ~!! だって家に帰ると、あれやって、これやって、ひっきりなしに女房に言われて、正直、疲れる」

「ダンナが家事を手伝ってくれないと、確かに、ストレス溜まるよね~」

「っていうか、仕事は論理的に考えれば、なんとか解決できるけど、家庭の問題って、なかなか思うようにいかないからなぁ……」

「でも、結婚していない人でも、家庭のほうがストレスってどういうこと? あ~、でも、うん、なんかちょっとだけ分かる気がするわ~。1人でテレビ見ながらコンビニ弁当食べてるときなんて、異常に虚しくなるし~」

 などなど、「なんとなく分かる~~」派も多かったに違いない。

コメント24

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「職場より家庭がストレス?」 最新研究の驚くべき結果」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長