• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「職場より家庭がストレス?」 最新研究の驚くべき結果

働き方だけでなく、新しい家族のあり方も考えたい

2014年6月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「家庭より、職場の方が、ストレスがない?」――。

 こんな衝撃的な研究結果が、先日、米ペンシルベニア州立大学の研究チームにより明らかにされた。ストレスホルモンと呼ばれる“コルチゾール”が、家庭にいる時の方が恒常的にかなり多く分泌されていたのである。しかも、この傾向は、

・性別
・婚姻の有無
・子どもの有無
・職務満足感の高低

に関係なく認められ、さらに、より多くの女性が、「家庭にいるときより、職場にいるときのほうが、ハッピーな気持ちだわぁ~」と答えたのだ。

 「マジ?」と、疑いたくなるこの論文は、タイム誌でも取り上げられ、アメリカで議論を巻き起こしている。

 ちなみに、論文が掲載されたのは、Social Science & MedicineのArticles in Press(すでに受理され、校正が終わり次第掲載されるもの。ジャーナルのHPで閲覧可能)。Social Science & Medicineとは、1967年創設の学術誌で、人類学、経済学、地理、心理学、社会学、疫学の視点から、健康の社会科学研究、社会の政策、社会学と医療業務、政策などを扱う世界的にも権威ある国際ジャーナル。私も大学院の頃からずっと、多くの知見をこのジャーナルから学ばせてもらっている。

「それってアメリカ人だけの話なんじゃない? 僕は断然、会社の方がストレス」と、真っ向から異を唱えた人もいれば、

「わかるわぁ~!! だって家に帰ると、あれやって、これやって、ひっきりなしに女房に言われて、正直、疲れる」

「ダンナが家事を手伝ってくれないと、確かに、ストレス溜まるよね~」

「っていうか、仕事は論理的に考えれば、なんとか解決できるけど、家庭の問題って、なかなか思うようにいかないからなぁ……」

「でも、結婚していない人でも、家庭のほうがストレスってどういうこと? あ~、でも、うん、なんかちょっとだけ分かる気がするわ~。1人でテレビ見ながらコンビニ弁当食べてるときなんて、異常に虚しくなるし~」

 などなど、「なんとなく分かる~~」派も多かったに違いない。

コメント24件コメント/レビュー

最近、息子夫婦に子供が生まれて、私にとっては初孫で、かわいくてかわいくて。息子の言ってやった「会社より、仕事より、子育てを優先しろよ。」と。すると、息子はニヤニヤしながら「父さんは、会社より、仕事より、僕を育てることを優先してたかな?」と。思い起こせば、我が子を育てるのは女房に任せっきりで、参観日より、運動会より、会社を優先していた。そうするのが当然と思っていたが、自分で思っていたというより、会社が、そして、社会がそう思わせていた、と言っては自己弁護だが、それが本音だ。会社も社会も、子育て第一優先を考えるべき時代になりつつあるのだと思う、少子高齢化なのだから。(2014/06/11)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「職場より家庭がストレス?」 最新研究の驚くべき結果」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

最近、息子夫婦に子供が生まれて、私にとっては初孫で、かわいくてかわいくて。息子の言ってやった「会社より、仕事より、子育てを優先しろよ。」と。すると、息子はニヤニヤしながら「父さんは、会社より、仕事より、僕を育てることを優先してたかな?」と。思い起こせば、我が子を育てるのは女房に任せっきりで、参観日より、運動会より、会社を優先していた。そうするのが当然と思っていたが、自分で思っていたというより、会社が、そして、社会がそう思わせていた、と言っては自己弁護だが、それが本音だ。会社も社会も、子育て第一優先を考えるべき時代になりつつあるのだと思う、少子高齢化なのだから。(2014/06/11)

日本の調査でこのような結果が出たのであればとても納得できるが、よもやアメリカでまで・・・。もし日本でも同様の客観データが得られたとすれば、さまざまな事実を説明するものとなりそうです。たとえば、なぜ必要以上に残業する(残業につきあう)企業文化が成立したか。本当に嫌なら文化が変わっていてもよいはず。それが(少なくとも日本では)普遍的と言えるほどに存在している。表面上・意識的にはイヤであっても、実際には心理的利得があるから、みんな職場に縛りつけられるという形をとって家から逃げている、と考えるといろいろ納得できます。家でリラックスしている人をピックアップして、そのライフスタイルを追跡するなどの追加研究が必要でしょう。大人が家から逃げている被害を子供が受けているのだし、家から逃げて非婚晩婚になっているのなら、生まれるはずだった子供(と彼らの働きで年金が賄われるはずだった世代)が被害を受けている、とも言えるわけですから!(2014/06/11)

今回のような調査が日本ではどのような結果につながるのでしょうね。日本の場合は家庭内の意思決定権限が夫妻の片方に集中することも多いと思います。家庭というプライベートの場で自分が一方的に管理され譲歩させられる立場なんだと感じているのであれば、その感情が相手から見て妥当かは別にしても、職場よりも家庭がストレスの原因になるのは想像できますね。(2014/06/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長