• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「教養? 大学で教えるわけないよ」

英国名門大、教養教育の秘密【前】

2014年6月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

英ケンブリッジ大学チャーチル・カレッジ

桑子:これからは理系の学生にこそ「教養」が必要だ! ということで、東京工業大学にリベラルアーツセンターが2011年にできて4年目になりました。2012年からは池上彰さんにも毎週教壇に立っていただいてきましたが、私たちがもうひとつ研究しているのが、世界の先進的な大学の「教養教育」の実情を探り、参考にしよう、ということです。

上田:2012年秋には、米国のトップ大学の教養教育のあり方を私と池上さんとで視察してきました。世界最高峰のハーバード大学、理系の雄のマサチューセッツ工科大学、ナンバーワン女子大のウェルズリーカレッジの教養教育を見学したら……。

池上:なんとどの大学も大学4年間はみっちり「教養漬け」。

上田:専門課程は大学院に上がってから。それまではあらゆる分野の教養を徹底的に教え込み、かつプレゼンや論文執筆のテクニックを専門家に教わる。

池上:米国のトップ大学のカリキュラムは「教養」至上主義、でありました。

桑子:じゃあ、その米国の源流にあたる英国の大学教育で、「教養教育」はどんな扱いを受けているのか? そんな疑問が私たちのあいだでわき起こり、2014年2月、英国のトップ大学の教養教育の実情を調べに行くことになりました。訪れたのはオックスフォード大学とケンブリッジ大学、そして、インペリアル・カレッジ・ロンドン。

上田:今回もすごいラインナップであります。「教養」の匂いがぷんぷんいたします。私たちも今回は教養の源流のような英国の名門大学を視察するにあたって、新メンバーに加わっていただきました。アートがご専門で昨年からリベラルアーツセンターに参画された伊藤亜紗先生です。

伊藤:えー、先生方のサポートもあり、がんばって各大学の話、聞いてまいりました。

池上:で、びっくりしました。

教えないのに、なぜそうなる?

伊藤:英国の名門大学では、米国以上にこれでもかと教養教育をやっているのかと思ったら……。

池上:なんとまったくやってない!

上田:そうなんです。英国の名門大学に「リベラルアーツ」という概念はないんです。なにそれ?という感じなんですね。だから当然カリキュラムにもない。

桑子:じゃあ、英国の名門大学の卒業生が「無教養」かというと、さにあらずで、数々の教養溢れる著名人を今も昔も世に出し続けている。

池上:大学で「教養」を教えなくても、卒業生は教養豊か。私たちリベラルアーツセンターの存在意義を問われそうな話です(笑)

上田:というわけで、英国の名門大学のカリキュラムはどうなっているのか、なぜ「教養」教育なしで「教養」豊かな卒業生が育つのか、その秘密をさぐりました。じゃあ、伊藤先生、お願いします。

上田 紀行先生
(うえだ・のりゆき)

文化人類学者。1958年生まれ。東京大学教養学部文化人類学科卒業、同大学院博士課程修了。愛媛大学助教授を経て東工大へ。「癒し」という言葉を日本に広め、日本社会の閉塞性の打破を、新聞、テレビ等でも説く。近年は沈滞する日本仏教の再生運動にも関わり、ダライ・ラマとの対談も出版。東工大では学生からの授業評価が全学1位となり、東工大教育賞最優秀賞を受賞。著書『生きる意味』(岩波新書)は2006年度大学入試出題数第1位の著作となる。その他、『生きる覚悟』(角川SSC新書)、『「肩の荷」をおろして生きる』(PHP新書)、『ダライ・ラマとの対話』(講談社文庫)など著書多数。(写真:大槻 純一、以下同)
桑子 敏雄先生
(くわこ・としお)

哲学者。東京工業大学大学院教授、同リベラルアーツセンター長。博士(文学)。1951年群馬県生まれ、75年東京大学文学部哲学科卒業、同大学院人文科学研究科哲学専修課程、博士課程修了。南山大学助教授などを経て東工大へ。2012年4月よりリベラルアーツセンターを率い、東工大生の「教養」力向上に務める。著書に『西行の風景』『感性の哲学』(日本放送出版協会)、『風景のなかの環境哲学』(東京大学出版会)、『空間の履歴』(東信堂)など多数。
池上 彰さん
(いけがみ・あきら)

ジャーナリスト。1950年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。社会部記者として経験を積んだ後、報道局記者主幹に。94年4月から11年間「週刊こどもニュース」のお父さん役として、様々なニュースを解説して人気に。2005年3月NHKを退局、フリージャーナリストとして、テレビ、新聞、雑誌、書籍など幅広いメディアで活躍中。2012年4月より、東京工業大学大リベラルアーツセンター教授として東工大生に「教養」を教えます。主な著書に『伝える力』(PHPビジネス新書)、『知らないと恥をかく世界の大問題』(角川SSC新書)、『そうだったのか! 現代史』(集英社)など多数。
伊藤 亜紗先生
(いとう・あさ) 

美学者。1979年生まれ。東京工業大学リベラルアーツセンター准教授、同大学院社会理工学研究科准教授(兼任)。生物学者を目指して大学に入学するも3年次から文転。東京大学文学部思想文化学科卒業、同大学院人文社会系研究科博士課程を単位取得のうえ退学、のち博士号取得。日本学術振興会特別研究員を経て2013年より現職。現代アートや身体について研究するかたわら、作品制作や雑誌編集にもたずさわる。著書に『ヴァレリーの芸術哲学、あるいは身体の解剖』(水声社)。

コメント1

「池上彰の「学問のススメ」」のバックナンバー

一覧

「「教養? 大学で教えるわけないよ」」の著者

池上 彰

池上 彰(いけがみ・あきら)

ジャーナリスト

1950年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。報道局主幹を経て、2005年3月よりフリージャーナリストとして活躍中。2012年4月から東京工業大学で東工大生に「教養」を教えている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授