• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「余計な仕事、増やすな!!」 お荷物ミドルの悶えと自暴自棄

“先が見えた”40代社員が明かすつらい胸の内

2014年6月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「余計な仕事、増やさないでくれ!」――。

 こんな言葉を、40を過ぎたベテランの社員に言われたことはないだろうか?

 「ベテラン社員の経験を、チーム力につなげたい。ベテラン社員にも、もっともっと頑張ってほしい」

 そう思えば思うほど、空回りする。

・そっぽ向かれちゃうとテコでも動かなくなるから、結構、大変。
・社内教育プログラムの講師をお願いしようとしたら、露骨に嫌な顔された。
・仕事を頼むと、「なんで?」って真顔で聞く。メチャクチャやりづらい。

 などなど、「余計な仕事を増やすな!」と不快感を露わにする、“年上部下”に苦悩する人たちは少なくない。

 仕方がないので、上司は、“その人のための仕事”をつくり、メンバーは、“その人のためのフォロー”をし、メンバー全員が翻弄される。生産性にちっともつながらない、“ベテラン社員”のための仕事に、チームが振り回されるのである。

 「つい、『余計な仕事を、増やさないでくれよ』って、言ってしまう自分がいます。大人気ないなぁと思う。でも、とにかく放っておいてほしい。そんな気持ちになってしまうんです」

 そんな複雑な “気持ち”を、先日、49歳の男性が明かしてくれた。

 カッコ悪い自分の言動を話すのは、正直、恥ずかしかったはずだ。だが、彼は赤の他人の私に、苦しい胸の内、を話してくれた。多分、「自分を変えたい!」――。そんな思いもあったのだろう。

 これまでにも、50歳という年齢を目前に控え、「キャリア・プラトー」に陥る人たちに、度々お目にかかってきたが、おそらく今後はもっともっと増える(キャリア・プラトーの説明はのちほど)。

 なんせ、半数以上の人たちが、50歳を過ぎても課長や部長といった管理職に就いておらず、先月、民間の調査会社が行った調査でも、5割近くの企業が「管理職の人員比率が多すぎる」と回答したのだ (こちらの記事を参照)。

 定年を延長する企業が増える一方で、未だに企業のキャリアパスは、40代がゴールであるにもかかわらず、だ。

「で? 何か問題でも?」
「人生、会社に預けすぎなんだよ」

 勝手なことばかり言う、バブル世代にうんざり気味の方もいるだろう。

 でも、前述の男性の話を聞いていて、考えさせられてしまったのです。なぜか分からない。だが、私自身がこの男性と同年代で、50という年齢がリアリティーを帯びてきて、なんか彼の気持ちに、えらく共感してしまったのだ。

 そこで、今回は「40代のモヤモヤ」。ん? ちょっと違うか……。まぁ、いい。とりあえずは“49歳の男性”の複雑な、“胸の内”をお聞きください。

コメント25件コメント/レビュー

この年下の上司には、もう一言頑張ってほしかったな。拒絶されたとき、それで終わらせるんじゃなくて。面と面と向かってでは厳しかったら、メールでもいいし、ちょっと落ち着いて、自分のホンネを話しながら、そのキャリアを生かしてチャレンジしてみましょうとか、やれればよかったのに。お互いにとってもったいない。誰しも地雷というか『怒りのスイッチ』をもっている。人によってポイントは違う。一度踏まれたら自分でも押さえられなかったりする。でも怒りの『水』を抜いて、心のコップを大きくしようと努力して、ちょっとでも自分の器を大きくし、大人の余裕を醸し出す味のある人になりたいものだ。(2014/06/17)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「余計な仕事、増やすな!!」 お荷物ミドルの悶えと自暴自棄」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この年下の上司には、もう一言頑張ってほしかったな。拒絶されたとき、それで終わらせるんじゃなくて。面と面と向かってでは厳しかったら、メールでもいいし、ちょっと落ち着いて、自分のホンネを話しながら、そのキャリアを生かしてチャレンジしてみましょうとか、やれればよかったのに。お互いにとってもったいない。誰しも地雷というか『怒りのスイッチ』をもっている。人によってポイントは違う。一度踏まれたら自分でも押さえられなかったりする。でも怒りの『水』を抜いて、心のコップを大きくしようと努力して、ちょっとでも自分の器を大きくし、大人の余裕を醸し出す味のある人になりたいものだ。(2014/06/17)

『部下に「無駄な仕事を押し付けるな」と言われて素直に引き下がって、別の部下に無理を押し付けるなんて、なんて管理能力が低い上司なのでしょう。良い仕事をするためには、その仕事の意義、目的等を十分に部下に説明して納得させなければいけないのに、Yesマンにしか仕事を頼めないような部下とのコミュニケーション能力の低い上司の下で働く人はかわいそう』…という話でもあるように感じました。上司から頼まれた仕事を拒否するのもどうかと思いますが、仕事を割り振るのも上司の仕事ですからねぇ。(2014/06/17)

読んでいてイライラしてしまいましたが・・しょうがないのかもしれませんね。正直、”お荷物”というか”思考回路が本当に浅い”と感じる方は、大勢います。だから、平社員の巣窟にいるのでしょうから、自業自得というか正しく社会は評価しているということなのでしょう。残念ながら。「他人の振り見て・・」、「明日はわが身」と言います。若いときにはとかく自信もあるものです。でも全員が社長になれるわけじゃない。結局は自分のモチベーションのラインをどこに引くのか。という事でしょう?社長なんて株主の奴隷ですよ?そしていくらでも代わりはいるんです。自分の人生をしっかり見つめましょう。(2014/06/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長