• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「俺、考えるの止めてる?」 部下を無力化させるリーダーの大罪

考えない社員が量産される真の理由

2014年7月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 権力は、権力をもたらす――。

 常々そう思っていたけれど、その瞬間をまざまざと見せられた感じがした。

「僕にまかせなよ。僕が決めるから。キミたちもそのほうが幸せになれるよ。だって、キミたちのことを、いちばん考えているのは僕なんだよ。キミたちが危険な目にさらされないように、僕がちゃんと考えて、判断して決めるから。何も心配しなくて大丈夫だよ」

「だって、キミたちを守っている“武器”(=憲法)は、かなり旧式のやつで、使いものにならない。そのことがわからないのかな? いかなる事態にあっても、国民の命と平和な暮らしは守り抜いていくからさ」

 そんな風になだめられている気がした。
 そう。先日、集団的自衛権容認の閣議決定を受けて、安倍首相が行った記者会見である。

「何? 今日は上司部下関係じゃなく、政治を語る?」

 いやいや、そういうわけではありません。

 もちろん今回の決定にも、集団的自衛権にも、憲法9条についても、個人的な意見はある。特に、「目的は手段を正当化する」といわんばかりに、正面から憲法改定の手続きを踏まなかったことへの抵抗感は強い。

権力者のいいなりになるしかないの?

 だが、それ以上に、
「私たちは、権力者のいいなりになるしかないのだろうか?」 と、とてつもない不安と無力感を抱いたのである。

 私の認識が間違っていなければ、憲法は国のルール。「一部の権力をもった人が暴走して、強い立場にいる人の言いなりに、弱い立場の人たちがならなくていいようにするために存在する」と、小学校で教わったと思うのだが、それが皮肉にも、権力によって空洞化した。

 それは、権力が占有化された、ことを意味する。

 権力の占有化は、大きな問題をもたらす。
 無力化、だ。

「社長のOKがでないと動けない」
「社長に聞いてみてからじゃないと……」

 そんな言葉をつい口にしてしまったり、あるいは、耳にすることはないだろうか。そういう組織のトップは、決まって強い権力を行使している。絶対的な権力は人を無力化し、無力化した人は、考えることを自ら放棄する。

 そこで今回は、「権力と無力化」について、あれこれ考えてみます。

コメント23件コメント/レビュー

興味深い記事でした。今まさにその局面に立っているので、良くか悪くか、踏ん切りがつきました。考え抜くためには思考体力も必要になるとは思いますが、頑張ります。(2014/07/09)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「俺、考えるの止めてる?」 部下を無力化させるリーダーの大罪」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

興味深い記事でした。今まさにその局面に立っているので、良くか悪くか、踏ん切りがつきました。考え抜くためには思考体力も必要になるとは思いますが、頑張ります。(2014/07/09)

アレントの「悪の陳腐さ」を紹介している良いエッセイだとお思いました。一つだけ残念だったのは、最高権力者についての考察が甘い点です。社長や、首相などの最高権力者は、実のところ、いたって孤独なのです。権力を持つということは、逆に考えれば、持った権力をいかに行使するかについて判断する責任を負わされているということでもあります。その判断の仕方は、時に人々の意見を聞いて民主的に行うのが良い場合もあれば、時に周りの意見を一切無視してでも最善の道を決断しなければならない場合もあります。それによって、国民全体や、社員全員の生活が懸かっているかもしれないのですが、それでも一人の人間が責任を持って判断する必要のある場合があります。だから、経営者や政治家の中には、占い師やアドバイザーに個人的に頼っている人もいるくらいです。権力者だって、本当は、大変な仕事なのです。(2014/07/09)

人は、自分が論争相手よりもよりよく考えていると思いがちです。反対の立場の人から見ると、あなたの方が思考停止しているように見える可能性について、いつも考えることが必要です。そのようなことがを考え始めると、大方の問題は、「思考停止に陥っている人(「空気」に身を委ねている人)vs. 客観的な事実の基づいて判断している人」の争いではなく、「問題をとらえるパースペクティブが違う人」同士の争いに見えます。そこで「そういう視点もあるね」と判断基準自体を再考できる人とそうでない人の間には大きな差があると思うのですが、私を含めてたいていの人は元の視点に固執して無益な論争で時間を費やす...そう考えると暗澹たる気分になります。(2014/07/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長