• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「小さく生んで大きく育てよ」は間違い

日本人の学力の違いは、遺伝で35%説明できる

2014年7月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本では長い間、出産において小さく生んで大きく育てよ、と言われてきた。だがこれは、端的にいうと「間違い」である。出生児の体重が軽いほうが安産になりやすいため、帝王切開の技術が十分に発達していなかった時代に、妊産婦が出産によって死亡するリスクを低下させるために、広く信じられるようになったといわれている。

 しかし、現代の妊産婦死亡率は、10万人中3.8人(厚生労働省、2011年)と低く、むしろ出生児の低体重がもたらすリスクについて様々に研究されるようになってきている。結論から言うと、母体の中で胎児として過ごす10か月は、その子どもの長期的な人生の帰結にまで影響を与えることが分かってきている。

増え続ける低出生体重児

 それにもかかわらず、厚生労働省の「出生に関する統計」によると、低出生体重児(出生体重が2500g未満)の占める割合は1975年以降増加の一途を辿っており、直近の2009年では新生児の8.3%に達している。2012年の川口大司一橋大学教授と野口晴子早稲田大学教授の研究によると、新生児体重の減少が著しいのは特に2000年から2005年にかけてであり、出生児の低体重がもたらすリスクの認知度はおそらくまだまだ低いものとみられる。

 出生児の低体重はなぜ生じるのか。近年の医学研究は、胎内での低栄養を主因として挙げている。小原美紀大阪大学准教授と大竹文雄大阪大学教授の2009年の論文や前出の川口教授・野口教授の論文は、親の社会経済的地位の低さが子どもの低体重に影響していることを示しており、親自身の貧困が、母親の栄養状態の悪さに繋がっているであろうと考えられる。その一方で、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」でも示されている通り、20-30歳代女性はやせ型志向でBMIは低く、自ら望んで栄養摂取量が十分でないことを指摘する向きもある。

 低体重出生のリスクが十分に認知されていないことは深刻な問題である。医学研究は、低体重出生がその後の子どもの健康に与えるリスクについての実証研究を蓄積しつつあるが、経済学もまた、低体重出生が子どもの成績、学歴、就業などについて与える因果的な効果についての実証研究を蓄積している。そして、実は経済学の既存研究から得られた結論は見事に一致している。「小さく生んで大きく育てよ」は間違いであるということだ。

  しかし、この結論を得られるようになるまでには、それなりの紆余曲折があった。例えば、出生児の低体重とその子どもの将来の成績の間に負の相関関係が見出せたとしよう。低体重で生まれると、その後の成績が振るわない、というわけだ。これは実際に多くの研究でも確認されている。

コメント10件コメント/レビュー

このテーマの背景は「DOHaD」という成長後の様々な疾病は胎生期にその素因ができるという、現在では疫学的根拠も生物学的根拠も出そろいつつあり、ほぼ間違いない学説です。著者が文系寄りなのでしょうか、せっかくのテーマを一般化させるがために学力やチェルノブイリなど本筋から外れるものが見受けられるのが残念です(妊娠中のショックは配偶者の解雇もあります)。もし引用するならナチス時代のオランダ飢餓の冬や1942年の中国大飢饉でしょう。それから学歴ではなく医療アクセスバイアスを除いても顕著な自閉症など精神神経疾患の大増加と各種生活習慣病。いずれにせよ妊婦の低栄養と低出生体重児はすぐにでも改善せねばならない問題です。(2014/07/30)

「「気鋭の論点」」のバックナンバー

一覧

「「小さく生んで大きく育てよ」は間違い」の著者

中室 牧子

中室 牧子(なかむろ・まきこ)

慶応義塾大学准教授

慶応義塾大学総合政策学部准教授。1998年慶応義塾大学卒業後、日本銀行、世界銀行を経て、米コロンビア大学博士課程修了(Ph.D.)。2013年から現職。専門は教育経済学。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

このテーマの背景は「DOHaD」という成長後の様々な疾病は胎生期にその素因ができるという、現在では疫学的根拠も生物学的根拠も出そろいつつあり、ほぼ間違いない学説です。著者が文系寄りなのでしょうか、せっかくのテーマを一般化させるがために学力やチェルノブイリなど本筋から外れるものが見受けられるのが残念です(妊娠中のショックは配偶者の解雇もあります)。もし引用するならナチス時代のオランダ飢餓の冬や1942年の中国大飢饉でしょう。それから学歴ではなく医療アクセスバイアスを除いても顕著な自閉症など精神神経疾患の大増加と各種生活習慣病。いずれにせよ妊婦の低栄養と低出生体重児はすぐにでも改善せねばならない問題です。(2014/07/30)

検証における具体的なデータの提示が一切なく説得力がまるでないことに驚く。「低体重出生が子どもの成績、学歴、就業などについて与える因果的な効果について~結論は見事に一致している。」ってそこ具体的にかかなきゃ。「子どもが胎内にいるときに、自身の栄養・健康状態に気を配るような母親は~成績に関心の強い母親である可能性が高い。」これも偏見に満ちている。「小さく産んで大きく育てよ」って未熟児の状態で我が子を生んでしまった母親を励ます言葉でっせ?母親が「胎児が小さいうちに産んじゃおう!」とか「大きくしないために栄養を取らないようにしよう!」とかコントロールしていると考えているわけかな?で、結論が「妊婦である母親本人のためにも、生まれてくる子どものためにも、十分な栄養摂取と健康管理が必要なことはいうまでもない。」うん。みんな知ってる。え?これだけ?(2014/07/29)

何か、W杯前にマスコミが面白がって言っていた、「xx区に大使館がある国には負けない」という相関関係と大差ない印象。双子の例を一般に当てはめてよいという研究はあるのだろうか。双子になるのは遺伝的な要素が大きく効いているのだが、そのように遺伝的偏りがある系統での研究を一般化するにはそれなりの補正が必要のはずだが。▽教育関係の研究との比較や共同研究などはお行われているだろうか。家庭環境と成績の相関関係は、学校制度によって大きく影響を受けるが、記事を読む限りその部分はあまり配慮せず海外の例を安易に引用しているようで、どうも説得力が十分にない印象だ。(2014/07/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員