• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「私にも言い分がある!」 “お荷物オヤジ社員“の遠吠え

“使えないミドル”を増殖させる「ステレオタイプ脅威」

2014年8月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「よっし! 新天地で、心機一転、がんばろう!」

 不本意な異動であっても、“それはそれ”と受け止め、前向きに捉える。

「どうせ、片道切符だから」
「どうせ、ラインはずされちゃったから」

 とグレるのではなく、もうひと踏ん張りがんばろうと、自らを奮い立たせ、いざ出陣!

 ところが………。その新天地にいる人たちが、全員、まったくやる気のない人だらけ―――。

 「最初は、どうにかしようって、あれこれ試してみたんですが、ダメですね。そんなわけで、私…、心療内科に通ってます」

 こう切り出したのは、某大手企業に勤めていた50代の男性である。
 彼は昨年、系列会社に出向になった。役職定年して、1年後の出来事だった。

 え? 心療内科に、“ダレ”が通っているって?
 はい。「がんばろう!」とやる気満々だった、ご本人、です。

 「自分が心療内科にお世話になるなんて、想像したこともなかった」と、肩を落とす彼を疲弊させた、ストレス豪雨の正体は?

 とまぁ、ずいぶんともったいぶった書き出しになってしまったのだが、この男性のケースはいろんな意味で考えさせられたし、私自身も反省させられたので、今回は、彼とのやり取りを紹介しようと思う。

出向は「リセットできるチャンス」と思ったけれど…

 テーマは――。とにかく、お聞きください。

 「辞令が出た時には、やはりショックでした。ただ、役職定年になってからというもの、私には明確な仕事がなかった。そんなときに人事から呼ばれ、“営業を強化したいので、これまでの経験を生かしてください” と、関連会社に異動になりました」

 「おそらく実際には、“もう、うちの会社にはアナタの居場所はありません”ということを伝えるための人事だったんだとは思います。だから、正直、遂に来たか、って思いました」

 「ショックだったのは、居場所がないことが、限りなくグレーに近い黒から真っ黒になったことですか? それとも誰もが知ってる一流企業から、無名の関連会社に行かされたことですか?」(河合)

 「両方です。一流ではありませんけど、少なくとも誰もが知ってる会社の社員ではなくなった時、世間は今と同じように自分を見てくれるかって不安はありました。多分、サラリーマンなら誰でも、そういう不安ってあるんじゃないでしょうか。でも、こういう時が来るというのは、役職定年になったときに覚悟していたので、むしろ、前向きに思えたことのほうが大きかった」

 「なんだかんだいっても、ラインを外れた50代に仕事はありません。ただ、1つだけ言わせてもらいたいのは、世間は働いてもないのに高い給料もらってるって非難しますけど、当事者たちにも葛藤はある。多くの50代は、まだ子どもの学費が必要だったり、娘がいれば結婚式もある。それぞれいろんな事情があるんです。私も、転職を考えたこともありました。でも、現実はそんなに単純ではない。その葛藤を抱えながら、“お荷物”と揶揄される役職定年を受け入れるんです」

コメント25件コメント/レビュー

「不当解雇」「ブラック企業」「追い出し部屋」といった世間の評判を回避しなければならないので、企業は「これまでの経験を活かしてください」と建前を云って「お荷物中年社員」を排除せざるを得ない。日本的雇用慣行においては、管理職の職務(とそれによって培われる能力)は「企業(職場)特殊技能」であって、ポストが変われば何の役にも立たない。したがって、管理職の職務しかこなせない者には、排除された先に自分の能力を活かせる職務はない。非正規雇用労働者、外国人労働者、女性正社員総合職の増加と技術革新による技能伝承の希薄化とによって日本的雇用慣行は崩壊しつつあるので、歴史的に見れば、団塊世代からバブル世代までの「お荷物中年社員」を犠牲にするだけで、問題は解決していくだろう。本稿で河合先生が問題になさっている現状に直面している者たちは、「お荷物中年社員」として定年または解雇まで不満を云いつつ居座り続けるか、自分の経験と能力を活かすべく外部に飛び出すか、コメント投稿者の「働かないおぢさん」のように開き直って逃げ切りを図るか、の三者択一なのではないだろうか。(2014/08/06)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「私にも言い分がある!」 “お荷物オヤジ社員“の遠吠え」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「不当解雇」「ブラック企業」「追い出し部屋」といった世間の評判を回避しなければならないので、企業は「これまでの経験を活かしてください」と建前を云って「お荷物中年社員」を排除せざるを得ない。日本的雇用慣行においては、管理職の職務(とそれによって培われる能力)は「企業(職場)特殊技能」であって、ポストが変われば何の役にも立たない。したがって、管理職の職務しかこなせない者には、排除された先に自分の能力を活かせる職務はない。非正規雇用労働者、外国人労働者、女性正社員総合職の増加と技術革新による技能伝承の希薄化とによって日本的雇用慣行は崩壊しつつあるので、歴史的に見れば、団塊世代からバブル世代までの「お荷物中年社員」を犠牲にするだけで、問題は解決していくだろう。本稿で河合先生が問題になさっている現状に直面している者たちは、「お荷物中年社員」として定年または解雇まで不満を云いつつ居座り続けるか、自分の経験と能力を活かすべく外部に飛び出すか、コメント投稿者の「働かないおぢさん」のように開き直って逃げ切りを図るか、の三者択一なのではないだろうか。(2014/08/06)

・会社(管理職)の立場からいえば…役職は、学芸会の配役みたいなもの。人間関係の中での上下は内。役職定年は今まで演じていた役とは違う役をやるチャンス。また、役職定年後の人たちにバリバリ働いて頂かないと、競争に生き残っていけない状況。・50代社員の立場から言えば…今まで、多くの皆さんの助けを受けながら、ここまで務め上げてきた。恩返しとして役職に縛られずに、残りの会社生活で恩返しをしていきたい。・こんな思いは幻なのでしょうか。 チームとんかつTk(2014/08/06)

この現状は、労働報酬制度の矛盾が産んだ悲劇でしかありえません。サラリーマンは、仕事ができる人ほど時間給が安くなり、仕事を早く終わらせるほど給料が安くなる「時間給制度」が問題だと考えられます。スーパーやコンビニのレジの仕事を例に挙げるとわかりやすいと思いますが、時間給で仕事をしている人は、行列ができようがおかまいなしにゆっくり作業をすれば、時間に応じて給料が支払われるので、急いで仕事をすると自分が損をするからです。単純に1時間でできる仕事を2時間でやれば、給料が2倍になるのです。極論で言えば、正社員については、お客が来なくて仕事をまったくしなくとも、いるだけで同じ額の給料が支払われるのです。本来であれば、そのような仕組みで真面目に働いている社員のほうがおかしいのです。前述のレジの例で言えば、いつもレジが混雑している店が、客が殺到しているわけでもないのにいつも待たされるのであれば、いずれは淘汰されて倒産するのが普通ですが、安い給料でもまじめに働く勤勉な労働者に支えられて成立してしまうのが怖い所です。某牛丼店のように、働く者が労働を拒否しない限り、是正されないのではないでしょうか。お荷物社員は、自分の都合だけで働いている典型的な労働者階級で、仕事を辞める(起業する)という選択肢がないので、どうしてもぶら下がり社員となってしまうのはむしろ当然の結果だと思います。(2014/08/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長