• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「すき家」化するニッポンと“疲れの借金”に絶息する私たち

“人間的な働き方”をもう一度見直そう

2014年8月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 毎年この時期になると、「フランス人になりたかった」と、真剣に思う。今年も例外ではなかった。

 しかも、今回はどういうわけか、「1週目は読書三昧、2週目はバレエ、ゴルフ、バレエで、3週目は……」と、かなり具体的なバカンス妄想モードに突入していた。
挙句の果てに、

 「働かないアリになりたい……」
 「うん、私も……」

と、合言葉のごとく友人たちとつぶやきあった(働かないアリについては、こちらをどうぞ !)。

 そうなのだ。お盆前あたりからジワジワと遠のいていった“やる気”が、お盆中、完全に失せた。しかも困ったことに、お盆明けの今、どうやってやる気エンジンをかければいいのか、わからなくなった。

 やる気がないわけじゃない。出ない。どうやっても出ない…のである。

 とはいえ、こんな風にぼやいていられるのも、今の内。次第に世の中の波に呑まれ、やる気が出ようが出まいが、やらなくちゃいけなくなる。とにもかくにも、「やらなきゃ」いけなくなっていくのだ。

 そもそも人間には、「疲れる→休む→回復する」という「回復のサイクル」があり、心身ともに元気になれば自ずと英気が養われ、やる気は出る。やる気があるのに、やる気が出ない、なんて、わけのわからないことは起こらないシステムを、人はちゃんと備えている。

 つまり、やる気があるのに出ないのは、異常な状態。

 おそらく、“私たち”は(私、ではなく“私たち”とさせてください)、私たちが考えている以上に疲れている。回復のサイクルが機能しない、“非人間的な働き方”をしているのである。

 先日、「すき家」の労働環境改善に関する第三者委員会の報告が公表され、まるで“蟹工船”のような労働環境に唖然とした方も多いはず。

 でも、私は報告書を読んで、
「この問題って、すき家に限った問題じゃないなぁ」
と率直に感じた。

 多かれ少なかれ、どこの企業にも似たような問題が存在しているんじゃないか、と。

 つまり、“人”という概念が欠けた働かせ方に、疑問1つ持たない人たちがいる。そして、働いている人たちも、そのことにうすうす気が付きながらも、それを受け入れてしまっているのではないか、と。過酷な労働の先に “楽園があるかも”なんて幻想が、そうさせているのである。

 そこで今回は、すき家問題から、「人間的な働き方」について、あれこれ考えてみようと思う。

コメント26

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「すき家」化するニッポンと“疲れの借金”に絶息する私たち」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長